東京オリンピック・パラリンピックについて1年程度延期、聖火リレー延期も発表されました。詳細な日程、選考基準などは公式情報が発表され次第更新します。

美人揃いと話題!女子ホッケー日本代表「さくらジャパン」メンバーがスーパープレイを披露

視聴回数: ${returnCount}
提供

3月13日まで東京五輪の会場となる大井ホッケー競技場で強化合宿を行っているホッケー女子日本代表。 2008年北京五輪、2016年リオ五輪に出場するなど長年女子ホッケーの中心選手として活躍している小野真由美選手は実業団などチームに所属せずに活動しているため、「新型コロナウィルスの影響により自粛が広がっているが、練習する環境がない私にとって、合宿ができることはありがたい」と語りました。 強化合宿では23人の候補選手がプレーでアピールを行い、5月下旬には日本代表16名が決定する予定です。 5大会連続の五輪出場となる日本は世界ランク13位ながら、2018年のアジア大会に優勝。東京五輪では初めてとなるメダル獲得が期待されます。 「さくらジャパン」の愛称で親しまれる日本代表メンバーの中がスーパープレイを披露してくださいました。 2018年のアジア大会で最優秀選手に選ばれた及川栞選手。 日本人初の女子プロホッケー選手でホッケー大国のオランダのクラブチームでプレーするなど日本女子ホッケー界を代表するプレーヤーです。 ゴールの4隅に置かれた350mlペットボトルをペナルティーコーナーで倒すプレイ!※サッカーで言うペナルティーキック 及川栞選手はディフェンダーながら、ペナルティコーナーも得意な点取屋。中でも、ボールを自分の身体の後ろから引っ張ってきて押し出すスキル、ドラッグフリックで 4隅のペットボトルを倒せるのか!? 東京五輪へ、仲間たちと目標へ向かって送る充実した日々…目指すは金メダル。 ※取材はホッケーのゴールとほぼ同じ大きさであるフットサルのゴールを使用して行いました。

banner

新着動画