富士スピードウェイ

【写真提供:時事通信社(Tokyo2020)】 【写真提供:時事通信社(Tokyo2020)】

 三重県の鈴鹿サーキットと並ぶ日本の代表的なモータースポーツレース場。1976年に自動車フォーミュラワン(F1)世界選手権、日本グランプリ(GP)を初開催。2000年にはトヨタ自動車傘下に入り、05年までに約200億円で全面改修、07年には30年ぶりにF1日本GPを誘致した。全長4.563キロ、最長直線1.475キロ、コース幅15~25メートル、コーナー数16。

開催競技

その他概要

収容人数 22000人
形態 既設
開場・完成年 1966年
建設費 約200億円(改修費)
設計者 改修時=ドイツ・ティルケ社
所在地 静岡県小山町中日向694

アクセス

JR御殿場線「御殿場駅」から富士急行バス25分 「富士スピードウェイ東ゲート」または「富士スピードウェイ西ゲート」徒歩数分

競技紹介

${list[returnRandomCount].credit}

${list[returnRandomCount].eventName}

${returnCompetition(list[returnRandomCount].eventId)}

${list[returnRandomCount].text}

競技一覧

おすすめ情報