三好市・東みよし町の箸蔵山ロープウェイ登山口駅から徳島市のアスティとくしままで

徳島県 聖火リレーコース紹介動画

徳島県の聖火リレーは4月15日(木)と16日(金)に24市町村で行われます。

4月15日(木)の見どころ

徳島県1日目 聖火リレーコース紹介

1日目の4月15日(木)は三好市、東みよし町からスタートします。 聖火は、春の吉野川流域の各市町を巡り、鳴門市へ。鳴門市は瀬戸内海と紀伊水道の干満差により発生する鳴門の渦潮で有名で、また世界三大潮流とも言われる鳴門海峡の潮流でも知られています。

鳴門の渦 鳴門の渦

この日を締めくくるのは、鳴門市の鳴門ウチノ海総合公園。 海に面する鳴門ウチノ海総合公園は、四季折々の自然のほか、アウトドアやスポーツなども楽しめる総合公園です。鳴門の海が見守る中セレブレーションが実施され、聖火を迎えます。

4月16日(金)の見どころ

徳島県2日目 聖火リレーコース紹介

2日目の4月16日(金)は県南部の海陽町をスタート。聖火は海や山が織りなす豊かな自然を繋ぎます。 勝浦町では、阿波勝浦ビッグひな祭りの会場である勝浦町人形文化交流館へ。阿波勝浦ビッグひな祭りは、第33回を数え、百段のひな壇に約3万体の雛人形が飾られる徳島県の春の風物詩です。

徳島の夏を彩る阿波踊り 徳島の夏を彩る阿波踊り

徳島県の聖火リレーでフィナーレとなるのは徳島市のアスティとくしま。 徳島市は400年を超える歴史を持つといわれる伝統芸能、阿波おどりの本場として知られ、毎年8月に国内外から100万人が訪れるイベントが開催されています。アスティとくしまでは、あわ文化で彩るセレブレーションが実施され、聖火は次の目的地香川県へと移動します。

眉山から見た徳島市の風景 眉山から見た徳島市の風景

コース紹介&インタビュー一覧

関連リンク