足利市の足利総合運動公園陸上競技場から宇都宮市の栃木県庁まで

栃木県 聖火リレーコース紹介動画

栃木県は令和3年3月28日(日)に足利市の足利市総合運動公園陸上競技場を出発し、29日(月)の宇都宮市栃木県庁まで2日間で県内16市町をリレーする予定です。

3月28日(日)の見どころ

栃木県1日目 聖火リレーコース紹介

栃木県の聖火リレー1日目の見どころは第4区間の茂木町です。この区間では真岡鐵道のSLもおかと聖火リレーが併走します。真岡鐵道は日本で最初のローカル線として明治45年(1912年)に開通。令和2年(2020年)に全線開通100周年を迎えました。3月28日の午後2時46分に茂木駅を出発するS Lもおかが茂木町を走る聖火ランナーを追い越すシーンは必見。オンライン配信で迫力の映像をお楽しみください。

聖火リレーと併走する予定の真岡鐵道の「SLもおか」 聖火リレーと併走する予定の真岡鐵道の「SLもおか」

3月29日(月)の見どころ

栃木県2日目 聖火リレーコース紹介

2日目の見どころは第6区間の日光市です。世界遺産である「日光の社寺(二荒山神社、東照宮、輪王寺)」を聖火リレーが訪れます。日本統一を果たし、江戸幕府を開いた初代将軍・徳川家康の霊廟である東照宮を始めとする建築は権力の絶大さを象徴する豪華絢爛さもさることながら、随所に平和を願う思いが込められています。その二荒山神社から出発する聖火リレーは参道を疾走。この区間のゴールでは東武鉄道のS L大樹が東武日光駅に試験運転で乗り入れ、聖火をお出迎え。鉄道ファンならずとも蒸気機関車の迫力を満喫できる栃木県の聖火リレーは、宇都宮市の市街地を通り栃木県庁でフィナーレを迎えます。

日光東照宮の陽明門 日光東照宮の陽明門

日光東照宮の唐門 日光東照宮の唐門
聖火リレーが通る神橋(世界遺産) 聖火リレーが通る神橋(世界遺産)

コース紹介&インタビュー一覧

関連リンク