湖西市の新居関所跡前から富士宮市の富士山本宮浅間大社まで

静岡県 聖火リレーコース紹介動画

静岡県の聖火リレーは6月23日(水)から25日(金)に22市町で行われます。

6月23日(水)の見どころ

静岡県1日目 聖火リレーコース紹介

1日目の6月23日(水)は湖西市からスタート。湖西市は県最西部に位置し、愛知県に接する都市です。古墳時代以降須恵器の生産を担った湖西窯跡群有名で、多くの文化財が生産されたことが知られています。

静岡県島田市 川根茶 静岡県島田市 川根茶

その後聖火は、浜松市を訪れます。浜松市は県西部に位置する政令指定都市で、県内最大級の経済規模を誇る都市です。古くは浜松城の城下町や宿場町としても栄え、現在は、自動車産業や楽器産業などが有名です。また、グルメの町としても知られ、浜名湖のウナギやもやしを付け合わせた浜松餃子などが人気です。 また県中部に位置し、県の名産品として有名なお茶の生産が盛んな島田市では茶畑などを巡り、この日を締めくくる静岡市に入ります。静岡市は県中部に位置する県庁所在地で政令指定都市です。日本一標高の高い富士山や日本一深い駿河湾などに囲まれ、豊かな自然も魅力の1つとなっています。景勝地としては、世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産の1つに登録されている三保の松原が有名で、毎年多くの観光客が訪れます。またご当地グルメとして濃口醤油を使用した静岡おでんが人気で、市内各所で提供されています。駿府城公園ではセレブレーションが実施され聖火を迎えます。

6月24日(木)の見どころ

静岡県2日目 聖火リレーコース紹介

2日目の6月24日(木)は牧之原市をスタート。牧之原市は県中部に位置し、お茶の産地として有名な都市です。聖火は、静岡県の玄関口とも言える富士山静岡空港などを巡ります。 その後聖火は、県中部で駿河湾に面する焼津市を訪れます。焼津市は、焼津漁港などの港を有し、水産業が盛んな都市です。焼津市では駿河湾に関する情報の発信を行っている深層水ミュージアム付近などを巡ります。

遠洋漁業が盛んな焼津漁港 遠洋漁業が盛んな焼津漁港

この日を締めくくるのは、沼津市のふじのくに千本松フォーラム。沼津市は県東部で駿河湾に面し伊豆半島の付け根に位置する都市です。ふじのくに千本松フォーラムでは、セレブレーションが実施され聖火を迎えます。

6月25日(金)の見どころ

静岡県3日目 聖火リレーコース紹介

3日目の6月25日(金)は伊東市をスタート。伊東市は県最東部に位置し、漁業や温泉地などが有名な都市です。 その後聖火は、県東部に位置する下田市を訪れます。下田市は、古くから海上交通の要所として栄え、江戸時代末期には開港地として外国との交流の起点となりました。聖火は江戸時代末期に日本を訪れたアメリカ海軍の提督ペリーゆかりのペリーロードなどを巡ります。 また、県東部に位置し、江戸時代に大砲製造のために作られた反射炉で世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼,造船,石炭産業」の構成資産の1つに登録されている韮山反射炉を有する伊豆の国市などを巡り、静岡県の聖火リレーを締めくくる富士宮市に入ります。富士宮市は県北東部に位置し、山宮浅間神社などの多くの世界遺産を有する都市です。また、ご当地グルメの富士宮やきそばも有名で、市内の各所で提供されています。富士山本宮浅間大社ではセレブレーションが実施され、次の目的地山梨県へと移動します。

富士宮やきそば 富士宮やきそば

コース紹介&インタビュー一覧

関連リンク