宇多津町の宇多津町役場から高松市の玉藻公園桜の馬場まで

香川県 聖火リレーコース紹介動画

香川県の聖火リレーは4月17日(土)と18日(日)に17市町で行われます。

4月17日(土)の見どころ

香川県1日目 聖火リレーコース紹介

1日目の4月17日(土)は宇多津町からスタートし、石垣の名城として知られる丸亀城が有名な丸亀市へ。丸亀城は約400年前に亀山という標高約66mの山に建てられた名城です。 天守が現存し、また高さ日本一の石垣を有することから貴重な文化財として国の史跡に指定されています。

石垣の名城として有名な丸亀城 石垣の名城として有名な丸亀城

その後、聖火はアートの島として知られる直島町や、五穀豊穰、大漁祈願などの神様として知られる金刀比羅宮のある琴平町、鏡のような美しい光景が人気の三豊市の父母ヶ浜を巡ります。 琴平町は古くから門前町として栄え、古き良き時代を感じることができる町で、年間を通じて、こんぴら歌舞伎や灯ろう流しなど様々なイベントも開催されています。

旧金毘羅大芝居「金丸座」 旧金毘羅大芝居「金丸座」

この日を締めくくるのは、観音寺市の観音寺まちなか交流駐車場。観音寺は四国霊場88ケ所に数えられ、多くの参拝客が訪れる寺院です。 観音寺まちなか交流駐車場では、セレブレーションが実施され、聖火を迎えます。

4月18日(日)の見どころ

香川県2日目 聖火リレーコース紹介

2日目の4月18日(日)は坂出市をスタートし、県東部を巡ります。 坂出市では、道路鉄道併用橋としては世界最大級の規模を誇る瀬戸大橋を臨み、その後讃岐うどん発祥の地とされる綾川町、オリーブの島として有名な小豆島町などを繋ぎます。

讃岐うどん 讃岐うどん

香川県の聖火リレーでフィナーレとなるのは高松市の玉藻公園桜の馬場。玉藻公園は大名家高松藩松平家の居城として知られる高松城の史跡であり、自然豊かな公園です。 高松市は古くから高松城の城下町として栄え、高松藩松平家の別荘であった栗林公園や武家屋敷跡などが歴史文化を感じさせます。高松城を臨む玉藻公園桜の馬場では、セレブレーションが実施され、聖火は次の目的地高知県へと移動します。

コース紹介&インタビュー一覧

関連リンク

競技紹介

${list[returnRandomCount].credit}

${list[returnRandomCount].eventName}

${returnCompetition(list[returnRandomCount].eventId)}

${list[returnRandomCount].text}

競技一覧

おすすめ情報

東京2020オリンピック聖火リレー

聖火リレートップ