四国中央市の愛媛県紙産業技術センターから八幡浜市の八幡浜みなっとまで

愛媛県 聖火リレーコース紹介動画

愛媛県の聖火リレーは4月21日(水)と22日(木)に20市町で行われます。

4月21日(水)の見どころ

愛媛県1日目 聖火リレーコース紹介

1日目の4月21日(水)は四国中央市からスタート。今治タオルで有名な今治市など県東部から中部を巡ります。 今治市は、瀬戸内海に面し、古くから交通の要所として栄え、現在も人口は松山市に次ぐ県内第二の都市です。今治タオルは、百十余年の歴史があるとされ、織り、染めなど様々な職人が協働することで作られています。 タオルづくりに重要な工程である晒しや染めのため、市内を流れる蒼社川の伏流水などの良質な軟水を使用し、柔らからでやさしい仕上がりを実現しています。また、今治市は造船業や海運業も盛んで、日本だけでなく世界の交通、物流を支えています。

今治市より望むしまなみ海道 今治市より望むしまなみ海道

この日を締めくくる松山市は、愛媛県の県庁所在地で四国最大の都市です。松山城は羽柴秀吉の家臣で七本槍として知られる加藤嘉明により創設され、現存する天守などが国の重要文化財に指定されています。 松山城城山公園堀之内地区では、セレブレーションが実施されます。また、松山市内の聖火リレーは中止になりました。公道における聖火リレーに代えて、松山城城山公園で聖火皿までトーチに灯した聖火をつないでいく点火セレモニーを実施します。さらに一般の観客を入れず、ステージプログラムについても実施を見送ります。

現在、改装工事が行われている道後温泉本館 現在、改装工事が行われている道後温泉本館

4月22日(木)の見どころ

愛媛県2日目 聖火リレーコース紹介

2日目の4月22日(木)は砥部町をスタート。愛南町では、海抜260メートルの山頂から360度のパノラマで宇和海などを見渡せる宇和海展望タワーに聖火が訪れます。その後聖火は、創立100年を超える歴史を持つ芝居小屋内子座のある内子町や、国の史跡に指定されている宇和島城跡のある宇和島市など県南部を繋ぎます。 愛媛県の聖火リレーでフィナーレとなるのは八幡浜市の道の駅八幡浜みなっと。八幡浜市は四国最西端の岬である佐田岬に位置し、漁業が盛んな町です。八幡浜みなっとは、近郊で水揚げされた新鮮な魚介類が並ぶ市場や食堂などが揃い、地元の方だけでなく観光客にも人気のスポットです。道の駅八幡浜みなっとでは、セレブレーションが実施され、聖火は次の目的地九州の大分県へと移動します。

八幡浜市の風景 八幡浜市の風景

コース紹介&インタビュー一覧

関連リンク