東京オリンピック・パラリンピックについて1年程度延期、聖火リレー延期も発表されました。詳細な日程、選考基準などは公式情報が発表され次第更新します。

東京2020聖火リレー公式アンバサダー 田口亜希さんインタビュー

障がいのある人たちがどう変わり、皆さんの見方がどう変わるのか。すべては聖火リレーから始まる

(※本インタビューは、新型コロナウイルス感染の懸念が広がる以前、2020年1月16日に行われました。) 2020年1月中旬、射撃選手としてパラリンピックに3大会連続出場を果たした田口亜希さんが、ともに「東京2020聖火リレー公式アンバサダー」を務める女優の石原さとみさんと東京都内の小学校を訪れました。聖火リレーへの理解や関心を広めることを目的としたプログラムの一環です。 聖火走者のユニフォームを着用し、トーチを持った2人が体育館に登場すると、約800人の生徒たちは大喜び。田口さんもびっくりするほどの大歓声で迎え入れられ、イベントも大いに盛り上がりました。

学校訪問イベントの様子(撮影:志和浩司) 学校訪問イベントの様子(撮影:志和浩司)

「ああやって喜んでもらえると本当にうれしいですよね。こういった機会を活用し、一人でも多くの方に聖火リレーの魅力を伝えていきたいと思います」イベント終了後、うれしそうにこう語る田口さんに、聖火リレーについて、パラスポーツについて、そして東京2020についてお話を聞かせていただきました。

「東京2020を成功させたい!」自分自身がこう強く思っていることに気がつきました

聖火リレーをより多くの方に知ってもらうため、アンバサダーとして広報活動に積極的に参加している田口さん。アンバサダー就任の打診があったときには、喜びよりも驚きのほうが大きかったそうです。 「お話をいただいた時は本当に驚きました。アンバサダーと言えば、アスリートの中でもメダリストや、芸能人などの著名な方が務められるものだと思っていましたし、『まさか私に声が掛かるとは!』というのが本心でした。だから、少しばかり不安があったのも事実です」 「アンバサダーという大役が私に務まるものなのか?」 自問自答を繰り返した田口さんは、自らの心の中にある感情を見いだします。 「東京2020を成功させたい! いろいろと考える中で、自分自身がこう強く思っていることに気がつきました。オリンピック・パラリンピックにおいて聖火リレーは非常に大切なもの。そのアンバサダーとして声を掛けていただいたのですから、あとは全力で頑張るだけだと気持ちを新たにしました。大会組織委員会や一緒にアンバサダーを務める方々をはじめ、さまざまな経験をお持ちの皆さんの力を借りながら頑張っていこうと気持ちを切り替えたんです」

「私にもできることがある!」という感情を抱けたことが何よりも嬉しかった

射撃選手だった田口さんは、2004年アテネ、2008年北京、2012年ロンドンと、パラリンピックに3大会連続で出場するという驚くべき実績の持ち主です。とはいえ、幼少期は意外なことにスポーツが得意なタイプではなかったと言います。 「どちらかと言うと運動音痴な女の子だったんです。体を動かすことは好きでしたが、走っても泳いでも決して速くない。競技としてはテニスやバスケットボールをやっていたものの、どん欲に結果を求めるのではなく、チームメートと仲良く楽しくプレーするようなタイプでした」 「自分の将来にアスリートという選択肢は全くなかった」と語る田口さんは、大学卒業後に郵船クルーズへ入社。客船「飛鳥」にパーサーとして勤務し、世界中を航海しました。しかし1997年、人生の転機が訪れます。 「25歳の時に脊髄の中の血管が破裂しました。病院に着いた時にはすでに足が動かなくなっており、そこから私の車いす生活が始まったんです」 病院では地道なリハビリに取り組みました。一歩、また一歩と田口さんは前進していきます。 「リハビリを進めることでベッドから車いすに自分の力で乗れるようになりました。もちろん歩けるようにはならないんですけど、最初は看護婦さんに抱っこしてもらっていたことを考えれば少しずつ進歩していったんです」 退院後しばらくして、手で運転できるような構造に車を改造しました。「納車されてからは本当に世界が広がりましたね」と当時を振り返る田口さん。出掛ける時には決まって友人の車に乗せてもらっていましたが、車を手にしてからは自分が友人たちを送迎できるようになりました。みんなに感謝されるたびに「自分にもできることがあるんだ!」と嬉しくなり、いつしかその喜びは「仕事に復帰しよう」というポジティブな発想へとつながっていきました。 「もともと務めていた会社が『そういうことなら田口が働けるような職場を探そう』と、神戸にあるバリアフリーの関連会社で働けるようにしてくれました。出身地である大阪から神戸に通うことになり、同じリハビリ病院に入院していた方が神戸在住だったことを思い出して、連絡を取り合って食事に行くことになったんです。その方とは病院にいる時に、『車いすでもできるスポーツって何だろう?』という話をしたことがありました。『水泳、バスケットボール、それに射撃もあるよ』と聞いて、私は射撃に少し興味を持ったんですね。そのことを覚えていてくれていて、食事の際に『私も射撃をやっているんだけど、亜希ちゃんもやってみない?』と誘っていただいたんです。それがきっかけで、ビームライフルという光線銃を始めることになりました」

射撃というスポーツは、田口さんにたくさんの喜びをたらします。 「『私にもやれること、できることがあるのかもしれない』と考えるだけで本当に嬉しくて。『もう自分には何もできない』と思っていたのに、友人の誘いをきっかけにビームライフルの教室に通うようになり、練習をして、大会では優勝できるまでになりました。『今度は実弾の銃を持ってみない?』と声を掛けてもらい、免許を取って、射撃場に行くようになったんです。射撃場までの距離はおよそ75キロ。決して近くはありませんでしたが、『誰かの手を借りるのではなく、自分の力で行けること』がとても嬉しかったのを今でもはっきり覚えています。射撃場ではいろいろなことを教えていただき、自分自身でも上達を感じることができました。繰り返しになりますが、当時は『私にもできることがある!』という感情を抱けたことが何よりも嬉しかった。それを積み重ねていった先に、パラリンピックという大会があったんです」

障がいのある人たちがどう変わり、皆さんの見方がどう変わるのか。すべては聖火リレーから始まる

選手として参加したパラリンピックを振り返ると、「出場する競技や自分のプレーのことばかりに気がいってしまっていた」と話す田口さん。だからこそ、アンバサダーを務める今年は聖火リレーの魅力を様々なシーンで痛感していると言います。 「聖火リレーにはみんなを“ワクワクさせる力”がありますよね。多くの方がランナーとして走ってみたい、トーチを持ってみたいと思っていらっしゃいます。また、東京2020に関するイベントが開催される時、会場にはトーチが飾られますよね。私がアンバサダーを務めていることもあり、友人の多くがスマホなどで撮影したトーチの写真を送ってくれるんですよ。『俺はこういうことするタイプじゃないんだけど』というメッセージを添えて画像を送信してくれる人もいたりして(笑)。そういう方も含めて、みんながワクワクしている雰囲気がとても伝わってきます。こういうみんなの思いが東京2020につながっていくんだなと思いますし、『もうすぐ始まるんだな』と思わせてくれますよね。オリンピックの開会式が行われる7月ではなく、聖火リレーがスタートする3月にもうオリンピックは始まり、それがパラリンピックへとつながっていくんだなと強く感じています」 3月12日にギリシャ古代オリンピア市聖火採火式が行われ、26日に福島県を出発する聖火リレー。訪問先の学校を始め、田口さんは聖火に関する知識や魅力を多くの人に届けようと努めています。 「多くの児童や生徒が聖火リレーに対して興味を持ってくれていますし、それをきっかけに友達やご家族も巻き込む形で楽しみ方が大きく発展するのではないかと思いますね。先日お邪魔した小学校では、6年生がオリンピック・パラリンピックにまつわる新聞を作っていました。聖火に関することも丁寧に調べてまとめてくれていましたし、小学生時代のそういう学習や活動は一生心に残るものだと思うんです」

田口さんご自身も地元の大阪でランナーを務めます。「舞台が東京ということで、大阪の方々にはまだ実感がないかもしれません。でも、聖火が通過することで大いに盛り上がると思いますし、『東京2020を楽しもう!』という気持ちになってもらえるのではないかと思います。大阪の方々は応援の仕方やランナーへの声の掛け方がとても上手だと思うんです。私も含めて、その声援の中を駆け抜けられるというのはものすごい力になりますよね。そういう思いをランナーだけではなく、沿道の皆さんにもつなげていきたいと思います」 聖火リレーにまつわる一つひとつの積み重ねが東京2020へ、さらにはその先の未来へとつながっていきます。アンバサダーとして、そしてランナーとして、田口さんも聖火リレーの力とその重要性を強く感じています。 「東京2020の成功を心から期待していますし、大会後に多くの方々からの楽しかったと言ってもらえたらとても嬉しいです。同時に、私たちパラリンピアンとしては、その後の社会の変化にも注目していきたいと思っています。私たち自身はもちろん、障がいのある人たちがどう変わり、皆さんの見方がどう変わるのか。そういった変化もすべては聖火リレーから始まるのではないかと思うんです。東京2020の成功を将来的な社会の変化へとつなげていきたいと思っています」 (※本インタビューは、新型コロナウイルス感染の懸念が広がる以前、2020年1月16日に行われました。)

関連リンク

競技紹介

${list[returnRandomCount].credit}

${list[returnRandomCount].eventName}

${returnCompetition(list[returnRandomCount].eventId)}

${list[returnRandomCount].text}

競技一覧

おすすめ情報