東京オリンピック・パラリンピックについて1年程度延期、聖火リレー延期も発表されました。詳細な日程、選考基準などは公式情報が発表され次第更新します。

連載:未来に輝け! ニッポンのアスリートたち

飛躍見せた「関西育ち」のスプリンター
男子短距離の主役に躍り出た多田修平

2017年、活況を呈した陸上男子短距離陣の中で躍進を見せた多田修平 2017年、活況を呈した陸上男子短距離陣の中で躍進を見せた多田修平【写真:YUTAKA/アフロスポーツ】

 2020年東京五輪そして世界に向けて、それぞれの地元から羽ばたくアスリートたちを紹介する連載企画「未来に輝け! ニッポンのアスリートたち」。第8回は大阪出身、陸上競技の多田修平(関西学院大)を紹介する。

自己ベストを一気に10秒0台に縮める

 2017年は日本の陸上男子短距離にワクワクさせられた。100メートルの自己ベストを10秒25から10秒07へと飛躍させた多田修平(関西学院大)も主役のひとりだった。  シーズン前、前年の日本選手権準決勝敗退の多田が8月の世界選手権(イギリス・ロンドン)で100メートル準決勝に進んだばかりか、4×100メートルリレーのメダリストメンバーに名を連ね、また、日本人初の9秒台を狙う戦線に立っていようとは誰が予想しただろうか。  9秒台第1号は1学年上の桐生祥秀(東洋大)に持っていかれたが、多田の可能性が陰ることはない。関西育ちのスプリンターが2017年に残した光跡は2020年へと続いている。

人生を変えたシーズン

注目を集めるきっかけとなった5月のセイコーゴールデングランプリ川崎。多田(右)は序盤、ガトリン(右から2番目)を先行する走りを見せ周囲を驚かせた 注目を集めるきっかけとなった5月のセイコーゴールデングランプリ川崎。多田(右)は序盤、ガトリン(右から2番目)を先行する走りを見せ周囲を驚かせた【写真:アフロスポーツ】

 多田が「僕の陸上人生が変わった」と話すレースがある。  17年5月のセイコーゴールデングランプリ川崎だ。欠場者に代わって追加エントリーされ、この年の世界選手権でウサイン・ボルト(ジャマイカ)らを抑えて優勝することになるジャスティン・ガトリン(米国)、前年の日本選手権覇者のケンブリッジ飛鳥(ナイキ)らと対決するチャンスが巡ってきたのだ。  多田はこのチャンスを逃さなかった。低い姿勢で飛び出し、顔を上げ、加速に乗ったとき、誰よりも先行していた。さすがにガトリンとケンブリッジは勝たせてくれなかったが、多田は3位。優勝したガトリンとは0秒07差。世界的スプリンターから「すばらしい選手だ」と褒められたことも自信を倍増させた。 「シーズン当初は世界選手権のリレーメンバーを狙おうと考えていましたが、ゴールデングランプリで『世界選手権は個人でも』と目標が変わりました」と“設定”を上げた。  多田はさらに日本学生個人選手権で快足を披露した。予選で追い風参考記録ながら日本人国内初の9秒台(9秒94)で駆け抜けたのだ。決勝は公認記録の10秒08(+1.9)。余勢を駆って日本選手権は10秒16(+0.6)で2位。世界選手権代表を実力でつかみ、その大舞台で、100メートルは準決勝進出を果たし、第1走者を務めた4×100メートルリレーでは銅メダル獲得に貢献した。  注目度も期待度も急上昇する一方、多田は現実を冷静に捉えている。  9月の日本学生対校選手権男子100メートルで桐生が9秒98(+1.8)をマークした時、多田は10秒07で2位。シーズン4度目の自己記録更新だったが、「力の差を見せつけられました」と悔しさを噛み締める。  だからこそ、上を向き、「力をつけて、次は9秒台だと思っています」。その言葉が頼もしい。

関連リンク

おすすめ情報