レスリング

レスリングの選考基準

いつ決まる?

世界選手権大会 カザフスタン(2019年9月14日~22日) 全日本選手権 東京・駒沢体育館(2019年12月19日~22日) オリンピック代表決定プレーオフ 東京・味の素トレーニングセンター(2020年3月8日) アジア予選 カザフスタン・アルマトイ(2021年4月9日~11日) 世界最終予選 ブルガリア・ソフィア(2021年5月6日~9日)

選考方法をもっと詳しく

2019年世界選手権において、オリンピック出場枠を獲得した場合の選考方法は以下のとおり。 ・世界選手権においてメダルを獲得した選手をオリンピック派遣選手とする ・世界選手権のオリンピック出場枠取得者がメダルを獲得できなかった場合、2019年の天皇杯全日本選手権で優勝すれば、オリンピック派遣選手となる ・世界選手権大会で5位以内に入った選手と全日本選手権の優勝選手が異なる場合は、2者間でプレーオフを実施し、勝者をオリンピック派遣選手とする  ※2019年世界選手権において、オリンピック出場枠を獲得できなかった場合は、2019年全日本選手権優勝者をアジア五輪予選及び世界五輪予選大会に派遣する アジア予選では、2位以内に入れば五輪出場枠を獲得し、日本レスリング協会の規定により五輪代表に決まる。 (構成:C-NAPS編集部)

競技一覧

最新の日本人メダリスト

おすすめ情報