射撃

ライフル射撃の選考基準

いつ決まる?

50m種目 東京2020オリンピック日本代表内定選手指定記録会(2021年2月~4月) 25m種目 最終選考会 (2021年2月~3月) 10m種目 最終選考会 (2021年2月~3月)

選考方法をもっと詳しく

①50m種目 ドーハアジア大会・最終順位で、すでに条件付き内定選手が決定済み。内定選手記録会にて内定記録を満たした場合内定が確定する。内定を確定できなかった場合、別途選考会を実施する。 ②25m種目 最終選考会において、順位の最も高い選手を代表選手として内定する。 ③10m種目 最終選考会において、順位の最も高い選手を代表選手として内定する。 ●大会の詳細 50m種目/東京2020オリンピック日本代表内定選手指定記録会(2021年2月~4月) 25m種目/最終選考会 2021年2月~3月(未定) 10m種目/最終選考会 2021年2月~3月(未定) (構成:C-NAPS編集部)

クレー射撃の選考基準

いつ決まる?

2019年ISSFワールドカップ 2019年8月13~23日 第14回アジア大陸射撃選手権大会 2019年11月3~11日

選考方法をもっと詳しく

・個人種目は最大2名まで選出される ・下記大会で出場権を獲得した選手が代表選手に内定する ●大会の詳細 2019年ISSFワールドカップ 2019年8月13~23日(フィンランド・ラハティ) 第14回アジア大陸射撃選手権大会 2019年11月3~11日 (カタール・ドーハ) ●補足 ・出場枠を獲得できなくても、開催国として各種目1枠が保証されている。 ・アジア選手権終了時点で出場権を獲得した選手がいない場合、アジア大陸射撃選手権で日本人トップの選手が開催国枠による1枠を獲得し、代表選手に内定する。 (構成:C-NAPS編集部)

競技一覧

最新の日本人メダリスト

おすすめ情報