体操

 第1回の1896年アテネ大会から実施され、1928年アムステルダム大会から女子種目も加わった体操。長い間、10点満点制で採点されたが、2006年からはDスコア(演技価値点)とEスコア(実施点)の合計点を争う方式に変更された。体操男子は日本の「お家芸」とも称され、五輪では60年ローマ大会から団体総合で5連覇。低迷期を経て、2004年アテネ大会と16年リオデジャネイロ大会で団体総合を制した。内村航平は個人総合で12年ロンドン大会とリオ大会で連覇を遂げた。  新体操は、13メートル四方のフロア上で手具を操作しながら音楽に合わせて演技し、技術と芸術性を競う。五輪では1984年ロサンゼルス大会から女子個人総合が正式種目となり、同大会で山崎浩子が8位入賞。96年アトランタ大会からは同団体が加わった。  トランポリンは縦4.28メートル(プラスマイナス6センチメートル)、横2.14メートル(プラスマイナス5センチメートル)の弾力性に富んだシートをスプリングでフレームに固定したトランポリン上で跳躍し、技の難易度や美しさ、高さを競う。五輪では2000年シドニー大会から男女個人が実施されている。

競技日程

種目 日程 会場
体操・男子予選 7/25(土) 10:00-12:30 有明体操競技場
体操・男子予選 7/25(土) 14:30-17:00 有明体操競技場
体操・男子予選 7/25(土) 19:30-22:00 有明体操競技場
体操・女子予選 7/26(日) 9:30-13:05 有明体操競技場
体操・女子予選 7/26(日) 15:10-18:45 有明体操競技場
体操・女子予選 7/26(日) 20:20-22:00 有明体操競技場
体操・男子団体決勝 7/27(月) 19:00-22:00 有明体操競技場
体操・女子団体決勝 7/28(火) 19:45-22:00 有明体操競技場
体操・男子個人総合決勝 7/29(水) 19:15-22:00 有明体操競技場
体操・女子個人総合決勝 7/30(木) 19:50-22:00 有明体操競技場
トランポリン・女子決勝ほか 7/31(金) 13:00-15:25 有明体操競技場
トランポリン・男子決勝ほか 8/1(土) 13:00-15:25 有明体操競技場
体操・男子種目別ゆか決勝ほか 8/2(日) 17:00-20:00 有明体操競技場
体操・男子種目別つり輪決勝ほか 8/3(月) 17:00-19:15 有明体操競技場
体操・男子種目別平行棒決勝ほか 8/4(火) 17:00-19:15 有明体操競技場
新体操・女子個人総合予選 8/7(金) 10:20-13:15 有明体操競技場
新体操・女子個人総合予選 8/7(金) 14:50-17:45 有明体操競技場
新体操・女子団体総合予選 8/8(土) 10:00-12:40 有明体操競技場
新体操・女子個人総合決勝 8/8(土) 15:20-17:50 有明体操競技場
新体操・女子団体総合決勝 8/9(日) 11:00-12:45 有明体操競技場

チケット情報

東京2020大会のチケットは公式販売サイトでの販売となります。チケット購入には「TOKYO2020 ID」の登録が必要となります。詳細は東京2020組織委員会公式サイトをご覧ください。

主な見どころ

【提供:OIS/IOC/ロイター/アフロ】

 内村航平の男子個人総合3連覇なるかが最大の注目。2016年リオデジャネイロ大会後、17、18年の世界選手権ではともにけがの影響などで個人総合に出場できていない。17年の肖若騰(中国)、18年のアルトゥル・ダラロヤン(ロシア)と内村不在の間の世界王者が強力なライバルとなる。男子団体総合でも連覇を目指す日本の前に、中国、ロシアが立ちはだかる。  女子ではリオ女王のシモーン・バイルス(米国)が個人総合、団体総合、種目別で複数の金メダルを狙う。18年世界選手権個人総合・銀メダルの村上茉愛もバイルスに続く存在として、複数のメダルへ期待が懸かる。  新体操は、個人でリオ大会代表の皆川夏穂、18年世界選手権代表の大岩千未来、同年の全日本選手権を制した喜田純鈴らが自国開催の大舞台を目指す。団体は17年世界選手権の団体総合で3位に入るなど、4個のメダルを獲得。ロシアを拠点に強化を進めた成果が表れてきた。東京ではロシア、ブルガリア、イタリアなどとのメダル争いが期待される。  トランポリンは五輪初のメダル獲得が期待される。女子は森ひかるが19年の世界選手権・個人で男女を通じて個人で日本勢初の金メダルを獲得した。男子でも堺亮介が同大会で5位に入っており、活躍に期待がかかる。

種目

  • 体操・男子団体
  • 体操・男子個人総合
  • 体操・男子種目別ゆか
  • 体操・男子種目別あん馬
  • 体操・男子種目別つり輪
  • 体操・男子種目別跳馬
  • 体操・男子種目別平行棒
  • 体操・男子種目別鉄棒
  • トランポリン・男子個人
  • 体操・女子団体
  • 体操・女子個人総合
  • 体操・女子種目別ゆか
  • 体操・女子種目別段違い平行棒
  • 体操・女子種目別平均台
  • 体操・女子種目別跳馬
  • 新体操・女子個人総合
  • 新体操・女子団体
  • トランポリン・女子個人

競技ルール

体操の選考基準

いつ決まる?

世界体操競技選手権大会 2019年10月4日~13日(ドイツ・シュツットガルト) 2020ワールドカップ個人総合シリーズ 2020年4月4日~5日(有明体操競技場) NHK杯 2020年5月29~31日(高崎アリーナ) 大陸間選手権(未定)

選考方法をもっと詳しく

団体出場枠は男女ともに1チーム4名 今大会から種目別に出場する「個人枠」が新設。最大で2名まで出場できる ●団体総合・個人総合 【男子】オリンピック出場枠(4名)が確定 ・2020年ワールドカップ個人総合(4試合)に出場し、すべての選手の個人総合得点を並べ(2試合以上出場している選手は最高個人総合得点を獲得した試合のみを適用)上位3位に入ると1名決定 該当者がいなければ他の選考方法にて選考する。 ・NHK杯の順位により上位2名が代表に決定 ・残る2名の選考は、すでに選出された2名と組み合わせたとき、得点が最大になるメンバーを選出される 【女子】オリンピック出場枠(4名)が確定 ・2020年ワールドカップ個人総合(4試合)に出場し、すべての選手の個人総合得点を並べ(2試合以上出場している選手は最高個人総合得点を獲得した試合のみを適用)上位3位に入ると1名決定 ・5月30日に行われるNHK杯で、上位2位に入った2名が決定。残り1名はNHK杯で上位7位に入った選手の中から、全日本種目別選手権(6月7日、8日)の結果を踏まえて選出される ●種目別 種目別のみ出場可能な「個人枠」は、個人総合や種目別のワールドカップシリーズなどの成績上位の選手が獲得でき、団体出場選手以外から選出される ①ワールドカップ種目別にて、各種目1位になった選手はその時点で内定する(男女各1名:選手名枠) ②ワールドカップ個人総合にて、ポイント合計の上位3か国(男女各1名:国枠) ③大陸選手権にて、個人総合決勝の結果をもとに各大陸ごとに獲得(男女各1名:国枠) 上記は時系列で決定し、種目の選択は不可 <団体出場枠を獲得できなかった場合の個人出場枠獲得条件> ①2019年世界選手権にて、個人総合予選上位者(男女各1名:選手名枠)  ②2019年世界選手権にて、種目別決勝の各種目上位者(男女各最大3名:選手名枠) ③大陸間選手権にて、個人総合決勝の結果をもとに各大陸ごとに獲得(男女各1名:国枠) ・上記で出場枠を獲得できなかった場合、開催国枠と第三者委員会枠として男女各1名が選出される ・出場選手の確定が最長で2020年5月になる可能性がある。出場人数決定後に、代表選考方法が確定する (構成:C-NAPS編集部)

新体操の選考基準

いつ決まる?

情報が公表されていません。発表されるまでお待ちください。

選考方法をもっと詳しく

情報が公表されていません。発表されるまでお待ちください。

トランポリンの選考基準

いつ決まる?

世界トランポリン競技選手権大会(2019年11~12月) 2020ワールドカップ(~2020年4月)

選考方法をもっと詳しく

・世界選手権において決勝進出者がいた場合、出場枠(男女ともに1名)獲得。最終成績の最上位者各1名を代表に内定する ・ワールドカップシリーズ全6戦中、上位4戦のポイントの合計が上位4か国に入った場合、2枠目の出場枠1名を獲得する(ただし、世界選手権において出場枠を獲得した場合)。この場合、ワールドカップシリーズにて、W杯ランキング⽇本⼈最上位で出場権を獲得した選⼿を、2枠目の東京オリンピック出場内定選⼿とする ●大会の詳細 2020ワールドカップ第3戦 2019年9月21〜22日(ロシア・ハバロフスク) 2020ワールドカップ第4戦 2019年10月5〜6日(スペイン・バリャドリッド) 2020ワールドカップ第5戦 2020年2月15〜16日(アゼルバイジャン・バクー) 2020ワールドカップ第6戦 2020年4月24〜25日(イタリア・ブレシア) 世界トランポリン競技選手権大会 2019年11月28日~12月1日(東京・有明体操競技場) (構成:C-NAPS編集部)

競技一覧

おすすめ情報