フェンシング

 五輪では、1896年アテネでの第1回大会からずっと実施されている伝統の競技。特に欧州で盛んだが、アジア勢や米国が台頭してきている。2020年東京大会では男女フルーレ、エペ、サーブルの個人、団体が実施され、前回より2種目増えて計12種目となった。

競技日程

競技 日程 会場
女子エペ個人準々決勝ほか 7/25(土) 9:00-15:40 幕張メッセ
男子サーブル個人決勝ほか 7/25(土) 17:30-21:30 幕張メッセ
女子フルーレ個人準々決勝ほか 7/26(日) 9:00-16:20 幕張メッセ
男子エペ個人決勝ほか 7/26(日) 18:00-22:20 幕張メッセ
女子サーブル個人準々決勝ほか 7/27(月) 9:00-16:20 幕張メッセ
女子サーブル個人決勝ほか 7/27(月) 18:00-22:20 幕張メッセ
女子エペ団体準決勝ほか 7/28(火) 10:00-15:55 幕張メッセ
女子エペ団体決勝ほか 7/28(火) 18:30-20:35 幕張メッセ
男子サーブル団体準決勝ほか 7/29(水) 10:00-15:55 幕張メッセ
男子サーブル団体決勝ほか 7/29(水) 18:30-20:35 幕張メッセ
女子フルーレ団体準決勝ほか 7/30(木) 9:00-16:50 幕張メッセ
女子フルーレ団体決勝ほか 7/30(木) 18:30-21:25 幕張メッセ
男子エペ団体準決勝ほか 7/31(金) 10:00-15:55 幕張メッセ
男子エペ団体決勝ほか 7/31(金) 18:30-20:35 幕張メッセ
女子サーブル団体準決勝ほか 8/1(土) 10:00-15:55 幕張メッセ
女子サーブル団体決勝ほか 8/1(土) 18:30-20:35 幕張メッセ
男子フルーレ団体準決勝ほか 8/2(日) 9:00-16:35 幕張メッセ
男子フルーレ団体決勝ほか 8/2(日) 18:30-21:15 幕張メッセ

チケット情報

東京2020大会のチケットは公式販売サイトでの販売となります。チケット購入には「TOKYO2020 ID」の登録が必要となります。詳細は東京2020組織委員会公式サイトをご覧ください。

主な見どころ

【写真:ロイター/アフロ】

 過去の五輪で日本がメダルを獲得したことがある男子フルーレ、近年の国際大会で好結果を残している男子エペ、女子フルーレで団体メダルの期待が特に高い。  個人では男子フルーレで2017年世界選手権・銀の西藤俊哉、銅の敷根崇裕、松山恭助ら、男子エペでワールドカップ優勝経験のある見延和靖、加納虹輝、女子フルーレでW杯2位の実績がある東晟良らがメダルを狙える位置にいる。  江村美咲を軸とする女子サーブルも近年力をつけており、男子フルーレに偏っていた以前より幅広い種目で好結果を望める。

種目

  • 男子フルーレ個人
  • 男子フルーレ団体
  • 男子エペ個人
  • 男子エペ団体
  • 男子サーブル個人
  • 男子サーブル団体
  • 女子フルーレ個人
  • 女子フルーレ団体
  • 女子エペ個人
  • 女子エペ団体
  • 女子サーブル個人
  • 女子サーブル団体

競技ルール

いつ決まる?

2020年5月上旬予定

選考方法をもっと詳しく

【団体】 FIE公式チームランキングにより出場権を獲得した場合、3名+リザーブ選手1名を選出する ・FIE 公式個人ランキング上位の2名+強化本部が推薦する2名 【個人】 ・団体戦に出場する選手は、個人戦にも出場できる 団体戦に出場しない選手の出場資格(FIE 公式チームランキングによる出場権以外の出場方法)は下記のとおり ・アジア・オセアニアゾーンの FIE公式個人調整済みランキング上位2名 ・アジア・オセアニアゾーン最終選考会の最上位者各種目1名 ●補足 ・開催国枠として出場権があるのは8名分で、FIE公式個人ランキングをもとに強化本部が人選を決定 ・出場枠はメダル獲得の可能性を踏まえて各種目(団体・個人種目)に分配される (構成:C-NAPS編集部)

競技一覧

おすすめ情報