ボクシング

【写真:ロイター/アフロ】 【写真:ロイター/アフロ】

 実績で言えば米国やキューバ、英国、ウズベキスタン、ロシアなどが強豪だが、2016年リオデジャネイロ五輪からプロの参加が解禁され、世界王者など経験豊富な選手の出場も見込まれる。男子は新しい階級区分が東京大会約1年前の18年に発表され、適性階級の見極めも重要になる。  日本は東京大会へのプロ参加を認めていない。順当ならば男子は18年ジャカルタ・アジア大会でライトウエルター級銅メダルの成松大介、女子は18年の世界選手権でフライ級銅メダルの並木月海の代表入りが有力。 (2021年1月6日更新)

種目

  • 男子フライ52kg級
  • 男子フェザー57kg級
  • 男子ライト63kg級
  • 男子ウェルター69kg級
  • 男子ミドル75kg級
  • 男子ライトヘビー81kg級
  • 男子ヘビー91kg級
  • 男子スーパーヘビー91kg超級
  • 女子フライ51kg級
  • 女子フェザー57kg級
  • 女子ライト60kg級
  • 女子ウェルター69kg級
  • 女子ミドル75kg級

競技ルール

競技一覧

競技紹介

${list[returnRandomCount].credit}

${list[returnRandomCount].eventName}

${returnCompetition(list[returnRandomCount].eventId)}

${list[returnRandomCount].text}

競技一覧

おすすめ情報