ボクシング

 近代五輪では1904年セントルイス大会で初めて実施。12年ストックホルム大会を除いて行われ続けている。女子は2012年ロンドン大会から採用された。

競技日程

種目 日程 会場
男子ヘビー級(81-91kg)ラウンド16ほか 7/25(土) 11:00-14:30 国技館
男子ヘビー級(81-91kg)ラウンド16ほか 7/25(土) 17:00-20:30 国技館
男子スーパーヘビー級(91kg超)ラウンド16ほか 7/26(日) 11:00-14:45 国技館
男子スーパーヘビー級(91kg超)ラウンド16ほか 7/26(日) 17:00-20:45 国技館
男子ウェルター級(63-69kg)ラウンド16ほか 7/27(月) 11:00-14:45 国技館
男子ウェルター級(63-69kg)ラウンド16ほか 7/27(月) 17:00-20:45 国技館
男子ライトヘビー級(75-81kg)ラウンド16ほか 7/28(火) 11:00-14:45 国技館
男子ライトヘビー級(75-81kg)ラウンド16ほか 7/28(火) 17:00-20:45 国技館
女子フェザー級(54-57kg)準々決勝ほか 7/29(水) 11:00-14:45 国技館
女子フェザー級(54-57kg)準々決勝ほか 7/29(水) 17:00-20:45 国技館
女子フライ級(48-51kg)ラウンド16ほか 7/30(木) 11:00-14:10 国技館
女子フライ級(48-51kg)ラウンド16ほか 7/30(木) 17:00-20:10 国技館
女子ウェルター級(64-69kg)準々決勝ほか 7/31(金) 11:00-14:10 国技館
女子ウェルター級(64-69kg)準々決勝ほか 7/31(金) 17:00-20:10 国技館
女子フェザー級(54-57kg)準決勝ほか 8/1(土) 11:00-13:55 国技館
女子フェザー級(54-57kg)準決勝ほか 8/1(土) 17:00-19:55 国技館
男子ライトヘビー級(75-81kg)準決勝ほか 8/2(日) 11:00-13:40 国技館
男子ライトヘビー級(75-81kg)準決勝ほか 8/2(日) 17:00-19:40 国技館
女子フェザー級(54-57kg)決勝ほか 8/4(火) 11:00-13:35 国技館
男子ウェルター級(63-69kg)決勝ほか 8/4(火) 17:00-19:35 国技館
男子ライトヘビー級(75-81kg)決勝ほか 8/5(水) 14:00-16:05 国技館
男子フェザー級(52-57kg)決勝ほか 8/6(木) 14:00-16:05 国技館
男子ヘビー級(81-91kg)決勝ほか 8/7(金) 14:00-15:35 国技館
男子フライ級(48-52kg)決勝ほか 8/8(土) 14:00-16:00 国技館
女子ライト級(57-60kg)決勝ほか 8/9(日) 14:00-16:00 国技館

チケット情報

東京2020大会のチケットは公式販売サイトでの販売となります。チケット購入には「TOKYO2020 ID」の登録が必要となります。詳細は東京2020組織委員会公式サイトをご覧ください。

主な見どころ

【写真:ロイター/アフロ】

 実績で言えば米国やキューバ、英国、ウズベキスタン、ロシアなどが強豪だが、2016年リオデジャネイロ五輪からプロの参加が解禁され、世界王者など経験豊富な選手の出場も見込まれる。男子は新しい階級区分が東京大会約1年前の18年に発表され、適性階級の見極めも重要になる。  日本は東京大会へのプロ参加を認めていない。順当ならば男子は18年ジャカルタ・アジア大会でライトウエルター級銅メダルの成松大介、女子は18年の世界選手権でフライ級銅メダルの並木月海の代表入りが有力。

種目

  • 男子フライ52kg級
  • 男子フェザー57kg級
  • 男子ライト63kg級
  • 男子ウェルター69kg級
  • 男子ミドル75kg級
  • 男子ライトヘビー81kg級
  • 男子ヘビー91kg級
  • 男子スーパーヘビー91kg超級
  • 女子フライ51kg級
  • 女子フェザー57kg級
  • 女子ライト60kg級
  • 女子ウェルター69kg級
  • 女子ミドル75kg級

競技ルール

いつ決まる?

アジア・オセアニア予選(2020年3月3~11日、ヨルダン・アンマン) 世界最終予選(2020年5月12~23日、フランス・パリ)

選考方法をもっと詳しく

・オリンピック6階級から、それぞれ各1名が選出される ・アジア・オセアニア予選及び世界最終予選で出場枠を獲得した選手を代表に決定する ●大会の詳細 アジア・オセアニア予選及び最終予選日本代表決定戦 2019年12月12日(東京・墨田区総合体育館) アジア・オセアニア予選 2020年3月3~11日(ヨルダン・アンマン) 世界最終予選 2020年5月12~23日(フランス・パリ) ●補足 アジア・オセアニア予選にて枠を獲得できなかった場合は,次のとおりとする ①予選にて最上位に進出した選手を最優先とする ②強化委員会が自国枠出場選手を選出し,理事会及び選手選考委員会の承認を得る (構成:C-NAPS編集部)

競技一覧

おすすめ情報