水泳

 競泳は男女自由形の長距離種目が増えたほか、新採用の混合400メートルメドレーリレーが加わり、前回2016年リオデジャネイロ大会から3種目増の全35種目となった。東京大会では08年北京大会以来、3大会ぶりに決勝が午前の実施。予選は各日とも午後7時、準決勝・決勝は午前10時半の競技開始となる。  飛び込みは男女とも前回大会と同数の各4種目を実施。板飛び込みは高さ3メートルの弾力のある板(Springboard)から跳ね上がって、高飛び込みは高さ10メートルの台(Platform)からそれぞれ飛び込む。回転数や方向、ひねりの有無などによる難易度と、出来栄え点で得点が決まり、男子は6回、女子は5回の演技の合計点で競う。同じ技は繰り返せず、シンクロ種目は2人が1組となって同じ技を演技する。  水球は男子12チーム、女子は前回の8チームから2チーム増えて10チームで実施。一度にプレーできるのはGK1人とフィールドプレーヤー6人、エントリーは男女とも1チーム11人。試合はプールに設置する30メートル×20メートルのコートで、各8分間の4ピリオドで争う。  アーティスティックスイミングは、シンクロナイズドスイミングから新名称となり初の五輪。デュエットの数が前回リオデジャネイロ大会から減り、チームが8から10チームに増えた。  マラソンスイミングは波や潮の流れのある自然環境の中で行われる。五輪では08年北京大会から実施競技となった。泳法はフリースタイルで、多くの場合はクロールで泳ぐが、給水や疲労時などには背泳ぎでの選手も。通常はウエットスーツを着用せず、膝かくるぶしまでを覆う水着を着用することが多い。ボートから細長いさおを出し、選手にボトルを渡す給水の様子は、この種目ならではの光景。

競技日程

種目 日程 会場
水球・女子予選ラウンド(2試合) 7/25(土) 14:00-16:40 東京辰巳国際水泳場
水球・女子予選ラウンド(2試合) 7/25(土) 18:20-21:00 東京辰巳国際水泳場
競泳・男子400m個人メドレー予選ほか 7/25(土) 19:00-21:30 東京アクアティクスセンター
水球・男子予選ラウンド(2試合) 7/26(日) 10:00-12:40 東京辰巳国際水泳場
競泳・男子400m個人メドレー決勝ほか 7/26(日) 10:30-12:30 東京アクアティクスセンター
水球・男子予選ラウンド(2試合) 7/26(日) 14:10-16:50 東京辰巳国際水泳場
飛込・女子シンクロナイズドダイビング3m飛板飛込決勝 7/26(日) 15:00-16:00 東京アクアティクスセンター
水球・男子予選ラウンド(2試合) 7/26(日) 18:20-21:00 東京辰巳国際水泳場
競泳・女子100m背泳ぎ予選ほか 7/26(日) 19:00-21:30 東京アクアティクスセンター
競泳・女子100mバタフライ決勝ほか 7/27(月) 10:30-12:30 東京アクアティクスセンター
水球・女子予選ラウンド(2試合) 7/27(月) 14:00-16:40 東京辰巳国際水泳場
飛込・男子シンクロナイズドダイビング10m高飛込決勝 7/27(月) 15:00-16:00 東京アクアティクスセンター
水球・女子予選ラウンド(2試合) 7/27(月) 18:20-21:00 東京辰巳国際水泳場
競泳・女子200m自由形予選ほか 7/27(月) 19:00-21:30 東京アクアティクスセンター
水球・男子予選ラウンド(2試合) 7/28(火) 10:00-12:40 東京辰巳国際水泳場
競泳・男子200m自由形決勝ほか 7/28(火) 10:30-12:30 東京アクアティクスセンター
水球・男子予選ラウンド(2試合) 7/28(火) 14:10-16:50 東京辰巳国際水泳場
飛込・女子シンクロナイズドダイビング10m高飛込決勝 7/28(火) 15:00-16:00 東京アクアティクスセンター
水球・男子予選ラウンド(2試合) 7/28(火) 18:20-21:00 東京辰巳国際水泳場
競泳・男子100m自由形予選ほか 7/28(火) 19:00-21:30 東京アクアティクスセンター
競泳・女子200m自由形決勝ほか 7/29(水) 10:30-12:30 東京アクアティクスセンター
水球・女子予選ラウンド(2試合) 7/29(水) 14:00-16:40 東京辰巳国際水泳場
飛込・男子シンクロナイズドダイビング3m飛板飛込決勝 7/29(水) 15:00-16:00 東京アクアティクスセンター
水球・女子予選ラウンド(2試合) 7/29(水) 18:20-21:00 東京辰巳国際水泳場
競泳・女子100m自由形予選ほか 7/29(水) 19:00-21:30 東京アクアティクスセンター
水球・男子予選ラウンド(2試合) 7/30(木) 10:00-12:40 東京辰巳国際水泳場
競泳・男子800m自由形決勝ほか 7/30(木) 10:30-12:30 東京アクアティクスセンター
水球・男子予選ラウンド(2試合) 7/30(木) 14:10-16:50 東京辰巳国際水泳場
水球・男子予選ラウンド(2試合) 7/30(木) 18:20-21:00 東京辰巳国際水泳場
競泳・女子800m自由形予選ほか 7/30(木) 19:00-21:30 東京アクアティクスセンター
競泳・女子200m平泳ぎ決勝ほか 7/31(金) 10:30-12:30 東京アクアティクスセンター
水球・女子予選ラウンド(2試合) 7/31(金) 14:00-16:40 東京辰巳国際水泳場
飛込・女子3m飛板飛込予選 7/31(金) 15:00-17:30 東京アクアティクスセンター
水球・女子予選ラウンド(2試合) 7/31(金) 18:20-21:00 東京辰巳国際水泳場
競泳・男子50m自由形予選ほか 7/31(金) 19:00-21:30 東京アクアティクスセンター
水球・男子予選ラウンド(2試合) 8/1(土) 10:00-12:40 東京辰巳国際水泳場
競泳・男子100mバタフライ決勝ほか 8/1(土) 10:30-12:30 東京アクアティクスセンター
水球・男子予選ラウンド(2試合) 8/1(土) 14:10-16:50 東京辰巳国際水泳場
飛込・女子3m飛板飛込準決勝 8/1(土) 15:00-16:30 東京アクアティクスセンター
水球・男子予選ラウンド(2試合) 8/1(土) 18:20-21:00 東京辰巳国際水泳場
競泳・男子50m自由形決勝ほか 8/2(日) 10:30-12:30 東京アクアティクスセンター
水球・女子予選ラウンド(2試合) 8/2(日) 14:00-16:40 東京辰巳国際水泳場
飛込・女子3m飛板飛込決勝 8/2(日) 15:00-16:30 東京アクアティクスセンター
水球・女子予選ラウンド(2試合) 8/2(日) 18:20-21:00 東京辰巳国際水泳場
水球・男子予選ラウンド(2試合) 8/3(月) 10:00-12:40 東京辰巳国際水泳場
水球・男子予選ラウンド(2試合) 8/3(月) 14:10-16:50 東京辰巳国際水泳場
飛込・男子3m飛板飛込予選 8/3(月) 15:00-17:30 東京アクアティクスセンター
水球・男子予選ラウンド(2試合) 8/3(月) 18:20-21:00 東京辰巳国際水泳場
アーティスティックスイミング・デュエット フリールーティン予選 8/3(月) 19:30-21:30 東京アクアティクスセンター
飛込・男子3m飛板飛込準決勝 8/4(火) 10:00-11:30 東京アクアティクスセンター
水球・女子準々決勝(2試合) 8/4(火) 14:00-16:40 東京辰巳国際水泳場
飛込・男子3m飛板飛込決勝 8/4(火) 15:00-16:30 東京アクアティクスセンター
水球・女子準々決勝(2試合) 8/4(火) 18:20-21:00 東京辰巳国際水泳場
アーティスティックスイミング・デュエット テクニカルルーティン 8/4(火) 19:30-21:00 東京アクアティクスセンター
マラソンスイミング・女子10km 8/5(水) 7:00-10:00 お台場海浜公園
水球・男子準々決勝(2試合) 8/5(水) 14:00-16:40 東京辰巳国際水泳場
飛込・女子10m高飛込予選 8/5(水) 15:00-17:30 東京アクアティクスセンター
水球・男子準々決勝(2試合) 8/5(水) 18:20-21:00 東京辰巳国際水泳場
アーティスティックスイミング・デュエット決勝 8/5(水) 19:30-21:00 東京アクアティクスセンター
マラソンスイミング・男子10km 8/6(木) 7:00-10:00 お台場海浜公園
飛込・女子10m高飛込準決勝 8/6(木) 10:00-11:30 東京アクアティクスセンター
水球・女子準決勝・5-8位決定戦 8/6(木) 14:00-16:40 東京辰巳国際水泳場
飛込・女子10m高飛込決勝 8/6(木) 15:00-16:30 東京アクアティクスセンター
水球・女子準決勝・5-8位決定戦 8/6(木) 18:20-21:00 東京辰巳国際水泳場
水球・男子準決勝・5-8位決定戦 8/7(金) 14:00-16:40 東京辰巳国際水泳場
飛込・男子10m高飛込予選 8/7(金) 15:00-17:30 東京アクアティクスセンター
水球・男子準決勝・5-8位決定戦 8/7(金) 18:20-21:00 東京辰巳国際水泳場
アーティスティックスイミング・チーム テクニカルルーティン 8/7(金) 19:30-21:30 東京アクアティクスセンター
水球・女子5位決定戦・7位決定戦 8/8(土) 9:30-12:10 東京辰巳国際水泳場
飛込・男子10m高飛込準決勝 8/8(土) 10:00-11:30 東京アクアティクスセンター
水球・女子3位決定戦 8/8(土) 13:40-15:00 東京辰巳国際水泳場
飛込・男子10m高飛込決勝 8/8(土) 15:00-16:30 東京アクアティクスセンター
水球・女子決勝戦 8/8(土) 16:30-18:20 東京辰巳国際水泳場
アーティスティックスイミング・チーム フリールーティン決勝 8/8(土) 19:30-21:00 東京アクアティクスセンター
水球・男子5位決定戦・7位決定戦 8/9(日) 9:30-12:10 東京辰巳国際水泳場
水球・男子3位決定戦 8/9(日) 13:40-15:00 東京辰巳国際水泳場
水球・男子決勝戦 8/9(日) 16:30-18:20 東京辰巳国際水泳場

チケット情報

東京2020大会のチケットは公式販売サイトでの販売となります。チケット購入には「TOKYO2020 ID」の登録が必要となります。詳細は東京2020組織委員会公式サイトをご覧ください。

主な見どころ

写真:ロイター/アフロ

 競泳日本は、前回のリオデジャネイロ大会でメダル7個(金2、銀2、銅3)を獲得。東京大会の競泳で最初の決勝種目となる男子400メートル個人メドレーで注目される瀬戸大也。19年世界選手権では200メートルと併せて個人メドレー2冠を達成した。前回個人メドレーの400メートルで金、200メートルでも銀メダルを獲得した萩野公介はどこまで復調してくるか。男子200メートル平泳ぎでは元世界記録保持者の渡辺一平が金メダル争いに加われるか。女子個人メドレーの大橋悠依にも上位の期待がかかる。  強豪の米国勢では女子自由形とリレーで前回大会4冠のケイティ・レデッキー、男子個人メドレーで瀬戸との争いが予想されるチェース・ケイリシュ、ジェイ・リザーランドらに注目。女子で自由形とバタフライのスプリンター、サラ・シェーストレム(スウェーデン)や、男子自由形の孫楊(中国)らも大会を盛り上げそうだ。  新種目は男女各2人が組む混合400メートルメドレーリレー。男女が泳ぐ順番は自由で、各国の戦略を見比べるのも面白い。  飛び込みは、39歳で大会を迎える男子の寺内健が6度目の出場となる。2019年世界選手権シンクロ板飛び込みで坂井丞と組んで五輪代表の座を獲得。女子では高飛び込みで荒井祭里、3メートル板飛び込みで三上紗也可が初の五輪に臨む。  リオデジャネイロ大会・高飛び込みで女子としては日本勢20年ぶりの入賞を果たした板橋美波も期待されそう。前回大会決勝では演技しなかった4回転半の大技に挑戦できるかが注目される。祖父母と両親に続く3代での五輪出場が懸かる女子の金戸凜らも成長著しい。  トップ選手の大技、美しい入水は見応えがある。リオ大会では中国勢が男女8種目中7種目を制した。 「水中の格闘技」と呼ばれる水球の激しいプレーは見応え十分。日本はリオデジャネイロ大会で32年ぶりの出場を果たした男子に加え、過去に五輪出場のない女子にも開催国枠がある。強豪の欧州勢に「ポセイドンジャパン」がどこまで食らいつけるか。リオ大会で勝利のなかった男子は、独自のパスラインディフェンスを用いた攻撃的な布陣で初勝利と1次リーグ突破をにらむ。東欧などが盛んで、前回は男子がセルビア、女子は米国が金メダル。  アーティスティックスイミングの日本は、リオデジャネイロ大会でチーム、デュエットとも銅メダルを獲得。引き続き井村雅代ヘッドコーチが指揮し、2大会連続の表彰台を狙う。日本代表の主将を務めるエースの乾友紀子は3大会連続の出場。ペアを組む吉田萌とのデュエットは高い同調性と技術力が武器で、長い脚を生かした長身ペアの演技が注目される。チームでは海外勢のパワー化、長身化に対抗するため、ダイナミックな印象を与える高難度のリフトを多く組み込んだプログラムに挑戦。ジャンパーとして体操協会と連携した専門トレーニングを積み、代表入りした京極おきながカギを握る。  世界の勢力図では、5大会連続で金メダルを獲得しているロシアが抜けている。08年北京大会以降、急激に力を伸ばした中国が2番手につけており、現状で3番手を争う日本のライバルはウクライナか。チームに多くの若手選手が加わったスペインも勢いがある。  マラソンスイミングの日本選手は12年ロンドン大会から出場。男子の平井康翔、女子の貴田裕美がともに2大会連続で出場し、前回リオデジャネイロ大会では平井が8位入賞を果たした。  会場はトライアスロンと同じお台場海浜公園で、レースは男女とも朝8時のスタート。天候や潮の流れ、波など自然条件に影響される中を集団で泳ぐため、泳力だけでなく経験や駆け引きが勝負を左右する。競泳の自由形長距離から転向する選手が多く、海外では競泳やライフセーバーのレースで活躍する選手もいる。

種目

  • 競泳・男子50m自由形
  • 競泳・男子100m自由形
  • 競泳・男子200m自由形
  • 競泳・男子400m自由形
  • 競泳・男子800m自由形
  • 競泳・男子1500m自由形
  • 競泳・男子100m背泳ぎ
  • 競泳・男子200m背泳ぎ
  • 競泳・男子100m平泳ぎ
  • 競泳・男子200m平泳ぎ
  • 競泳・男子100mバタフライ
  • 競泳・男子200mバタフライ
  • 競泳・男子200m個人メドレー
  • 競泳・男子400m個人メドレー
  • 競泳・男子4×100mリレー
  • 競泳・男子4×200mリレー
  • 競泳・男子4×100mメドレーリレー
  • 競泳・混合4×100mメドレーリレー
  • 飛込・男子3m飛板飛込
  • 飛込・男子10m高飛込
  • 飛込・男子シンクロダイビング3m飛板飛込
  • 飛込・男子シンクロダイビング10m高飛込
  • 水球・男子
  • マラソンスイミング・男子10km
  • 競泳・女子50m自由形
  • 競泳・女子100m自由形
  • 競泳・女子200m自由形
  • 競泳・女子400m自由形
  • 競泳・女子800m自由形
  • 競泳・女子1500m自由形
  • 競泳・女子100m背泳ぎ
  • 競泳・女子200m背泳ぎ
  • 競泳・女子100m平泳ぎ
  • 競泳・女子200m平泳ぎ
  • 競泳・女子100mバタフライ
  • 競泳・女子200mバタフライ
  • 競泳・女子200m個人メドレー
  • 競泳・女子400m個人メドレー
  • 競泳・女子4×100mリレー
  • 競泳・女子4×200mリレー
  • 競泳・女子4×100mメドレーリレー
  • 飛込・女子3m飛板飛込
  • 飛込・女子10m高飛込
  • 飛込・女子シンクロダイビング3m飛板飛込
  • 飛込・女子シンクロダイビング10m高飛込
  • 水球・女子
  • アーティスティックスイミング・女子デュエット
  • アーティスティックスイミング・女子チーム
  • マラソンスイミング・女子10km

競技ルール

競泳の選考基準

いつ決まる?

世界選手権(2019年7月) 日本選手権(2020年4月)

選考方法をもっと詳しく

・世界選手権の個人種目で金メダルを獲得した選手を内定する ・2020年4月の日本選手権における各種目決勝の競技結果で選手選考を行う ●大会の詳細 ・世界選手権(競泳) 2019年7月21日~28日(韓国) ・日本選手権 2020年4月1日~8日(東京) (構成:C-NAPS編集部)

飛込の選考基準

いつ決まる?

世界選手権(2019年7月) アジアカップ大会(2019年9月) 国際大会派遣選手選考会(2020年2月) ワールドカップ大会(2020年4月) シンクロナイズド種目に関して、内定した種目以外は、2020年4月26日以降に選考委員会が総合判断のうえ決定する

選考方法をもっと詳しく

①個人種目 ・各種目2名まで選出。優先順位は上から ・2019年世界選手権にて個人種目決勝進出者 12 位以内 ・2019年アジアカップ大会にて個人種目優勝者 ・2020年ワールドカップ東京大会にて個人種目準決勝 18 位以内 ② シンクロナイズド種目 ・2019年世界選手権にて決勝進出8位以内のペアは内定 ・2020年国際大会派遣選手選考会にて世界選手権で内定した種目以外の優勝チームに2020年ワールドカップ東京大会の出場権を与える ・ワールドカップ東京大会の結果をもとに、本連盟選手選考委員会が総合判断し、内定する ●大会の詳細 世界選手権(飛込) 2019年7月12~20日(韓国) アジアカップ大会  2019年9月6日~8日(マレーシア) 国際大会派遣選手選考会 2020年2月5~9日(東京) ワールドカップ大会 2020年4月21~26日(東京) (構成:C-NAPS編集部)

水球

いつ決まる?

2020年5月12日に行われる選手選考委員会にて決定する。

選考方法をもっと詳しく

日本水泳連盟・水球委員会が、日本代表候補選考トライアルなどを経て2020年度代表候補選手(最大30名)を選考。その後、強化合宿などを通して、最終的に監督が代表メンバー13名を選出する (構成:C-NAPS編集部)

アーティスティックスイミング

いつ決まる?

2019年9月4日に発表

選考方法をもっと詳しく

2019年世界選手権出場の日本代表派遣選手のうち、継続意志を示したものを対象にコーチングスタッフがつけた評価点(スケール、技術力、チームワーク等)をもとにヘッドコーチがデュエット代表2名を含む8名を決定する (構成:C-NAPS編集部)

マラソンスイミング

いつ決まる?

世界水泳選手権(2019 年7月) 日本選手権水泳競技大会(2019年9月) 東京オリンピック世界最終予選会(未定)

選考方法をもっと詳しく

男女各2名が選考される。優先順位は上から ・世界水泳選手権大会にて上位10名以内 ・世界水泳で内定されなかった場合、日本代表選手選考競技会にて最終予選会への出場選手を決める(男女各2名) ・最終予選会にて上位9位以内(男女各1名) ・最終予選会にて大陸代表枠の最上位者(男女各1名) ・最終予選会の結果をもとに開催国枠での選考(男女各1名) ●大会の詳細 第 18 回世界水泳選手権大会 2019年7月12~20日(韓国) 第95回日本選手権水泳競技大会(日本代表選手選考競技会) 2019年9月22日(千葉) 東京オリンピック世界最終予選会(未定) ●補足 開催国枠での出場可否は世界水泳選手権の結果で判断する (構成:C-NAPS編集部)

競技一覧

おすすめ情報