東京五輪で“ランニングデート”再び!?
相澤晃×伊藤達彦スペシャル対談(後編)

相澤(上)と伊藤の対談は7月上旬にオンライン上で実施。終始、和やかな雰囲気で仲の良さが伺えた 相澤(上)と伊藤の対談は7月上旬にオンライン上で実施。終始、和やかな雰囲気で仲の良さが伺えた【スリーライト】

 2020年の箱根駅伝2区で歴史に残る激闘を繰り広げ、「世界で通用する選手を育てる」という箱根駅伝創設の理念を体現するかのごとく、そろって10000mで東京五輪代表を決めた相澤晃選手(旭化成)と伊藤達彦選手(ホンダ)。日本の陸上長距離界で今、最も注目を集める2人が、東京五輪にかける思いとその後の競技人生の展望を語り合った。

伊藤達彦の驚異的な回復力

──20年12月の日本選手権10000mでそろって日本記録を更新する快走を見せた、相澤選手(27分18秒75)と伊藤選手(27分25秒73)。相澤選手はこの時点で東京五輪代表内定を決めました。しかし、ここで溜まった疲労が大きく影響したのか、相澤選手は21年元旦の全日本実業団駅伝(ニューイヤー駅伝)を欠場。伊藤選手はレース中に両足大腿骨を疲労骨折しました。 相澤 旭化成はニューイヤー駅伝に向けた部内競走が熾烈(しれつ)で、メンバー入りを巡って選手がバチバチと火花を散らしています。そこに向けた練習はハイレベルで、さらに日本選手権の疲労が残っていたこともあって、僕はついていくだけで精いっぱい。それで故障してしまいました。 伊藤 僕も日本選手権の疲労があって、調子がなかなか上がってこなかった。レース本番になれば走ることができるかなと思っていたのですが、4区のラスト3kmで脚が痛くなってしまって……。でも、このタイミングで故障が発覚し、立ち直ることができたのは不幸中の幸いでした。そのままの状態で走り続けていたら、21年5月の日本選手権を迎える直前に故障していたかもしれないですから。 ──相澤選手はどのようなプランで今夏の東京五輪に合わせようと考えていましたか? 相澤 故障が完治した時点で東京五輪まで半年近くあったので、焦る必要はなかったです。調子を取り戻すまで、約3〜4カ月はかかります。1〜3月はしっかりと基礎を固めて、ケガのリスクを回避できるトレーニングを重点的に行いました。そこからレースを重ね、本番にピークを持っていこうと考えました。 ──東京五輪参加標準記録(27分28秒00)を突破していた伊藤選手は、21年5月3日の日本選手権10000mで「3位以内」に入ることが東京五輪代表内定の条件でした。 伊藤 故障がなかなか完治しなくて、何度もMRI検査を受けました。1〜2月は補強、プール、バイクなど、走らないメニューを中心に行い、3月上旬になってようやくジョグを始めることができました。ここから日本選手権まで2カ月しかありません。最初にポイント練習(※)をやったとき、意外と楽に走ることができたのは、自分でも驚きましたね。 ※走力を向上させるために行う、強度が高い練習のこと。 ──伊藤選手はポイント練習を3回ほどこなしただけで、4月10日の金栗記念選抜陸上中長距離大会5000mを13分45秒12で走りました。 相澤 伊藤選手の状態は聞いていましたが、回復力に驚かされました。僕には絶対に無理です。真似できません。

地元・静岡のファンの前で、東京五輪代表内定を決めた伊藤。プレッシャーから解放されたのか、レース後のインタビューでは本音を吐露し、感極まる場面も 地元・静岡のファンの前で、東京五輪代表内定を決めた伊藤。プレッシャーから解放されたのか、レース後のインタビューでは本音を吐露し、感極まる場面も【写真:松尾/アフロスポーツ】

──驚異的な回復力を見せた伊藤選手は、21年5月3日の日本選手権10000mで、トップグループにいた田澤廉選手、鈴木芽吹選手(ともに駒澤大)を終盤で一気に引き離して完勝。日本選手権初優勝で、東京五輪代表内定を決めました。タイムも日本歴代パフォーマンス6位の27分33秒38と、素晴らしい記録でした。 伊藤 東京五輪参加標準記録はすでに突破していたので、タイムを気にすることなく、勝つことだけを意識。相澤選手のように自分より前に走っているランナーを冷静に見て、最後に仕掛けました。僕は積極性が持ち味ですが、今回のように冷静に走ることができたのは良い経験になりました。 相澤 僕はテレビでこのレースを観ていました。最初はきつそうだと感じましたが、後半は圧巻の走りでしたね。プラン通りのレース展開で圧勝した印象で、おもしろくないと感じたくらいです(笑)。伊藤選手と走るレースは好記録が出るので、東京五輪を一緒に戦うことができるなんて、考えただけでワクワクします。 ──相澤選手は5月9日のREADY STEADY TOKYOと6月24日の日本選手権で、5000mに出場しました。 相澤 READY STEADY TOKYOは調子が悪くて、13分45秒くらいかかると思っていました。その状態でもなんとか粘りのレースができて、自己ベストの13分29秒47で走ることができました。その後、調子が上向いてきたのですが、6月24日の日本選手権の直前になって急に調子が悪くなってしまい、(6月24日の日本選手権は)13分31秒53で4位でした。日本選手権では結果を残すことはできなかったものの、しっかり粘ることができました。東京五輪で入賞を目指す上では粘りの走りが重要になってくるので、本番に向けていいシミュレーションになったと思います。 伊藤 日本選手権5000mはテレビで観ていましたが、相澤選手は最初と最後の1周くらいしか映らなくて。もっと走れると思っていたので、「相澤! 何してんだよ!」とイライラしていました(笑)。

関連リンク

東京
オリンピック

/ 1 7

日目

開催期間:2021年7月23日〜8月8日

最新の日本人メダリスト

おすすめ情報