会心の走りで五輪切符をつかんだ伊藤達彦
加速度的な成長の先に、海外勢との戦いへ

 東京五輪代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権1万メートルが5月3日、静岡スタジアムで開催された。男子は伊藤達彦(Honda)が27分33秒38で優勝し、東京五輪同種目の代表内定を決めた。伊藤は昨年12月に行われた前回大会で相澤晃(旭化成)との激闘の末、最後に競り負け2位に終わったものの、それまでの日本記録を上回る27分25秒73(日本歴代2位)を出しており、今回のエントリー選手のなかでただひとり、東京五輪参加標準記録(27分28秒00)を切っていた。今大会で3位以内に入れば代表内定となる可能性の高い有利な状況だったが、優勝という最高の形で東京五輪の切符を手にした。

12月のダメージを克服し、「プラン通り」に優勝

残り2周で一気にスパートし、優勝を果たした伊藤(中央)。最高の形で五輪切符を手にした 残り2周で一気にスパートし、優勝を果たした伊藤(中央)。最高の形で五輪切符を手にした【写真:松尾/アフロスポーツ】

 前回大会で好結果を収めた伊藤だったが、ハイレベルな激闘で負ったダメージも大きかった。その後、コンディションを崩し、元日の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)4区のレース中に、両足大腿骨の疲労骨折と右足ハムストリングの肉離れを発症。そこから約2カ月、ジョギングすらできなかった。当初は「1カ月くらいで治るだろう」と考えていたが、想定より完治が遅れ、一時は東京五輪をあきらめた時期もあったという。 「走れない間はトレーナーに見てもらいながらの筋力トレーニングが中心。そして最初はウォークもできなかったのでプールから始め、治りだしてからはバイクでインターバルトレーニングを行い、心肺機能を追い込んだりもしていました」  3月初めからようやくジョギングを開始し、強度を高めた練習を開始したのはその後半から。残された時間は少なく焦りはあったが、ここからは逆に予想以上にいいイメージで走れたという。 「もともと弱かったフィジカルを鍛えられたのですごくいい感触があります。ポジティブにとらえ、しっかり練習していきます」  3月末の時点ではもう明るい表情を見せていた伊藤。復帰戦として挑んだ4月10日の金栗記念5000メートルは目標タイム通りの13分45秒12で走り、スピードの戻りも確認できた。そこからは日本選手権直前は12月の前回大会と同じメニューで強化、調整。それらを前回以上のタイムで消化しており、自信をもって挑んだレースだった。  優勝しか狙っていなかった。12月の日本選手権では8000メートル以降、何度も相澤の前にでるアグレッシブな走りを見せたが、この日は先頭に出ることなく、集団前方で勝機をうかがった。レース終盤、伊藤の前にいたのは駒澤大の箱根駅伝優勝メンバー2人だった。学生長距離界のエース・田澤廉(3年)と、進境著しい鈴木芽吹(2年)。残り2周を切ってから伊藤はスパートし、一気に突き放した。 「プラン通りの展開です。だいぶ余裕がありましたので、残り1000メートルか600メートル(のどちらでスパートするか)で悩んでいたのですが、ペースが落ちた瞬間があったので。それがラスト800メートルでした」  ラストスパートは伊藤の武器。力を温存し、状況を見極め、勝負どころを外さない、実にクレバーな走りだった。

関連リンク

最新の日本人メダリスト

おすすめ情報