東京オリンピック・パラリンピック延期後の日程を更新しました。聖火リレーの日程は公式情報が発表され次第更新します。

技―WAZA―

波を縦に駆け上がるサーフィン・村上舜
山と海で培った高速ターン

動画提供:朝日新聞デジタル  波を駆け上がり、頂点でターン。「オフザリップ」と呼ばれる技はサーフィンでは基本だが、日本代表「波乗りジャパン」の村上舜(22)はひと味違う。普通の選手は斜めに上がっていくが、村上は重力に逆らうかのように、ほぼ垂直に波を駆け上がる。そして、波が一番高い部分で崩れかけるリップと呼ばれる場所で高速ターン。ボードの回転に合わせて、羽が生えたかのように、スプレー(水しぶき)が扇状に高く、大きく舞い飛ぶ。  東京オリンピック(五輪)では、選手は1ヒート(試合)の制限時間内に25本までライディング(演技)ができる。審判5人が技の難易度や革新性、スピードなどを総合的に判断して採点する。1本10点満点で、点数が高い2本の合計点で争う。  フィギュアスケートなどと違い、技そのものには決められた点数がない。「質を求めれば求めるほど、すごい技に変わっていく」と村上は言う。  昨年9月に宮崎市で開かれた世界選手権「ワールドゲームズ」で村上は、スピードと力強さを併せ持ったオフザリップを連発。難易度が高い技を繰り出す外国人選手を抑えて日本人最上位の4位に入り、東京五輪代表に大きく近づいた。  なぜ、波を縦に上り、高速ターンができるか。ポイントは「スピード」と「踏み込み」にあるという。  一般的にスピードを出すと安定感を失うが、村上は持ち前のバランス感覚で高速を維持。「ボトム」と呼ばれる波の一番低い位置まで一度、下がる。そこで強く踏み込んで、少しだけボードを沈める。水から押し返される力に対し、「ぐっとこらえる」。ここで「ため」をつくり、反発力を利用して一気に頂点まで縦方向に駆け上がる。そして、頂点で鋭く約180度のターンを繰り出す。他の選手とは違う角度とスピードで、審判の目を引きつける。 「審判も人間。かっこよさが大事」

初サーフィン、1回目で立つ

技|サーフィン 村上舜のオフザリップ 技|サーフィン 村上舜のオフザリップ【提供:朝日新聞デジタル】

 最初にボードを購入した神奈川県湯河原町のサーフショップ「WAV,Y」のオーナー山本吉秀(よしひで)さん(69)は、村上を中学生まで指導した。日本代表のコーチも経験した山本さんは「あの速さでターンしたら普通はボードが飛んでいってしまうが、強靱(きょうじん)な下半身で安定させる。中3で教えることがなくなった」。プロサーファー大野修聖(まさとし)さん(39)は「波に対して技を出すタイミングが抜群に良いから、スピードを生かしたスプレーやキレが出せる」と分析する。  村上のサーフィンは「野性的」とも評される。  7歳でサーフィンを始め、1回目で立てた。それから毎朝、放課後も毎日、暇さえあれば海に入った。「海は練習場所でもあるし、遊び場でもある」と村上。生まれ育った湯河原町は自然が豊かな街だ。山で木登りや山菜採りをしたり、川で魚を取ったり。「サーフィンをする上で、自然を知ることが大事」。海で同じ波は二度と来ない。遊びの中で、強い体幹と、波を見極める眼力が身についた。  五輪の正式種目になったことで、サーフィンへの注目度は増しているが、村上にとっては通過点だ。「一般企業にも、もっと注目してほしい。サーフィンで食べていける選手が増えれば、子どもたちも夢が持てる」(室田賢) ※本記事は朝日新聞デジタル『WAZA』からの転載です。掲載内容は朝日新聞デジタルで掲載した当時(2020年3月23日)のものです。

 1ヒート(試合)は一般的に20〜35分間。その中で選手は複数回のライディング(演技)をする。東京五輪では1ヒート30分間、ライディングは最大25本となる見通しだ。  それぞれのライディングについて、審判5人が難易度、スピード、革新性(独自性)などを総合的に判断して1本10点満点で採点。5人のうち最高点、最低点を除いた3人の平均点がそのライディングの点数となり、最も点数の高い2本の合計(最大20点)で順位を競う。

村上舜(むらかみ・しゅん)

サーフィンの村上舜選手 サーフィンの村上舜選手【提供:朝日新聞デジタル】

1997年生まれ、神奈川県出身。父親の影響で、7歳でサーフィンを始める。2018、19年の世界選手権「ワールドゲームズ」でいずれも4位入賞。19年5月に第1回が開かれた国内最高峰の大会「ジャパンオープン」では初代王者に。

関連リンク

競技紹介

${list[returnRandomCount].credit}

${list[returnRandomCount].eventName}

${returnCompetition(list[returnRandomCount].eventId)}

${list[returnRandomCount].text}

競技一覧

おすすめ情報