東京オリンピック・パラリンピックについて1年程度延期、聖火リレー延期も発表されました。詳細な日程、選考基準などは公式情報が発表され次第更新します。

技―WAZA―

卒論テーマも「ダンク」だった馬場雄大
代名詞の豪快技を動画で

動画提供:朝日新聞デジタル  その瞬間、客席に集った1万2972人の視線を、独り占めにした。  11日にあったバスケットのBリーグチャンピオンシップ(CS)決勝。開始4分が経たないうちに、アルバルク東京の馬場雄大(23)は千葉ジェッツのパスを奪って持ち込み、右手で高さ305センチのリングにぶち込んだ。わきあがる会場。千葉のベンチはたまらず最初のタイムアウトを取った。「出だしを意識していた。勢いはついたと思う」と馬場。チームはレギュラーシーズンで1勝5敗と苦しめられた相手を破って連覇を達成。馬場はCSの最優秀選手に輝いた。  ボールを直接リングにたたき込むダンクシュートは、馬場の代名詞だ。198センチの体から繰り出す滞空時間の長いダンクは観客を魅了する。大学の卒業論文のテーマは「ダンクシュートの有用性と、その勝敗に及ぼす影響について」。大学生活で出場した99試合のうち、ダンクを決めた49試合のデータを分析した。

ダンクシュートを決める馬場雄大 ダンクシュートを決める馬場雄大【提供:朝日新聞デジタル】

 馬場が苦戦したのはボールの扱い方だった。片手でダンクに持っていく場合、跳び上がる際の勢いでボールが手からすっぽ抜けないよう、しっかりと握るのが一般的。しかし、手の小さな馬場には出来なかった。  ならばと、バスケットボールよりも小さくて軽いバレーボールで練習を開始。小学生用のバスケットボール、女子用のボールと徐々に大きくしていき、ボールを持ったときの空中姿勢を体に染みこませていった。大人用のボールになってからは手首を折り曲げ、上腕との間で挟み込むことでボールを固定。身長と跳躍力の伸びも相まって、思い通りにダンクを決められるようになった。  それでも、「ダンクが出来るからといって、特別な気持ちはなかった」。考えが変わったのはプロ入りしてからだ。1年目に本拠で迎えた新潟アルビレックス戦。相手のパスをカットしてからダンクにいったら、会場の空気が一変した。 「チームメートと会場のお客さんが一体となり、相手チームと戦っているような感覚になった。それからは、狙えるときは狙おうと思うようになった」

ダンクシュートの動作に入る馬場雄大 ダンクシュートの動作に入る馬場雄大【提供:朝日新聞デジタル】

 一人で1試合30点を取ることと、たった1本のダンクで試合の流れを変えること。どちらか一つを選ぶとなったら、後者を取る。「プロである以上、ファンの心に残るプレーを出来るかどうかが大切。量よりも質だと思っている」  今年夏には中国でワールドカップ、来夏には44年ぶりの五輪出場となる東京大会が控える。世界最高峰の舞台で「日本に、こんな選手がいるんだと思ってもらいたい」。(清水寿之、写真=諫山卓弥) ※本記事は朝日新聞デジタル『WAZA』からの転載です。掲載内容は朝日新聞デジタルで掲載した当時(2019年5月23日)のものです。

関連リンク

競技紹介

${list[returnRandomCount].credit}

${list[returnRandomCount].eventName}

${returnCompetition(list[returnRandomCount].eventId)}

${list[returnRandomCount].text}

競技一覧

おすすめ情報