オリパラ、今後のチケット販売の予定は?
一般販売の開始は早くて5月中旬から

 東京2020大会組織委員会は12日、今春始める五輪・パラリンピックのチケット店頭販売(窓口販売)で、はがきによる整理券の抽選を行うことを発表した。五輪のはがき抽選は今日20日から申し込み受付が行われている。  今回の整理券はがきを含めて、これまでのチケット販売では全て抽選が行われており、「一般販売は行われないのでは?」と、やきもきしている人もいるかもしれない。しかし、結論から言うと、この後先着順による一般販売が窓口とインターネットで予定されている。今知っておきたい、チケットに関わる最新の情報を整理した。

はがき抽選後はすべて先着順での販売に

 まずは、大会までの販売スケジュールを五輪・パラリンピックに分けて見てみたい。 ■五輪

2020年東京五輪 今後のチケット販売の流れ 2020年東京五輪 今後のチケット販売の流れ【画像:スポーツナビ】

 五輪・パラリンピックとも、整理券はがきによる販売が終了すると、以後の販売は全て先着順となり、大会期間中まで続く。  五輪は、早くて5月中旬から公式チケットサイトで一般販売が開始される。チケット購入には、これまでのインターネットでの抽選販売と同様、事前に「TOKYO2020 ID」の登録が必要。また、この時点から、サイト上でチケットの在庫状況を確認してから購入できるようになる。  チケットサイトでの販売開始後、間もなくして店頭での窓口販売もスタートする。窓口は都内2カ所のみで、東京駅からほど近い「東京2020チケットセンター有楽町」(整理券はがきによる販売でも使われる。詳細は後述)の他に都内にもう1カ所設けられる予定。東京以外では窓口販売が予定されておらず、地方在住者など窓口に足を運ぶのが難しい人はインターネットでの購入が唯一の手段となる。  さらに5月下旬になると、公式リセールサービスが始まる。都合が悪くなるなどして購入したチケットを他人に譲りたい場合に利用できる公式の転売サイトで、詳細は後日発表される。 ■パラリンピック

2020年東京パラリンピック 今後のチケット販売の流れ 2020年東京パラリンピック 今後のチケット販売の流れ【画像:スポーツナビ】

 パラリンピックも、整理券はがきでの販売後には公式チケットサイト、窓口、リセールサービスでの販売が開始となる。開始時期など詳細は後日発表される。  先着順販売が始まると、人気競技のチケットは早々に在庫僅少となることが予想されるが、それらのチケットがリセールサービスで急遽売りに出される可能性もある。チケットの在庫状況をこまめにチェックして、見たい試合のチケットを手にしたいところだ。

整理券はがきの抽選申し込み方法は?

 最後に、今日から始まった整理券はがきの抽選申し込みについて見てみたい。今回の抽選では、五輪は約5000枚、パラリンピックは約3000枚の整理券が発行される。購入の流れは次の通り。

■購入スケジュール <五輪> ・はがきの受付期間:2月20日(木)〜3月12日(木)必着 ・当選通知の郵送:4月上旬発送予定 ・チケット購入期間:4月28日(火)〜5月7日(木) <パラリンピック> ・はがきの受付期間:3月13日(金)〜4月5日(日)必着 ・当選通知の郵送:5月上旬発送予定 ・チケット購入期間:5月22日(金)〜5月28日(木) ■購入の流れ 1)はがきに必要事項を記入して、期日までに郵送する。 2)当選すると、集合日時、整理番号、購入方法などが記載された整理券が郵送される。 3)指定された日時に東京2020チケットセンター有楽町へ行き、整理番号順に購入する。 ■はがきの必要記載事項 ・申し込む大会(「オリンピック」または「パラリンピック」) ・氏名(漢字・カナ。外国人の方はアルファベット) ・住所(郵便番号から記入) ・電話番号 ・生年月日 ■宛先 〒119-0152 東京2020大会 観戦チケット 整理券事務局 行  応募は五輪・パラリンピックとも1人1枚までで、同一人物の複数応募は無効。購入場所は東京2020チケットセンター有楽町の1カ所のみで、当選した本人の来場が必須となる(未成年者や障害のある方は、保護者や同伴者が付き添っての購入が可能)。また、購入時は公的な身分証明書(免許証、パスポート等)による本人確認が行われるので注意したい。

関連リンク

競技紹介

${list[returnRandomCount].credit}

${list[returnRandomCount].eventName}

${returnCompetition(list[returnRandomCount].eventId)}

${list[returnRandomCount].text}

競技一覧

おすすめ情報