綾瀬はるかと子供たちがつくる東京2020
目標に向かう姿は「キラキラしてる」

47都道府県のアスリートの姿から学ぶ

オリパラ教育の一環として行われたイベントに参加した女優の綾瀬はるかさんと、有明西学園6年生の児童ら オリパラ教育の一環として行われたイベントに参加した女優の綾瀬はるかさんと、有明西学園6年生の児童ら【スポーツナビ】

 東京2020オリンピック・パラリンピックの開催都市・東京では、2016年からすべての公立学校で実施されている「オリンピック・パラリンピック教育」をはじめ、子どもたちを対象にさまざまな学びの機会が与えられている。  7日に東京・江東区のパナソニックセンター東京で行われた「いっしょにTOKYOをつくろう。連動企画 みんなの夢・挑戦を未来へツナグ〜東京2020まであと200日!〜」もその一つだ。参加したのは、江東区立有明西学園の小学6年生61名。参加した児童たちはこれまで、江東区教育委員会オリパラ連携事業の一環として、パナソニックセンター東京で行われたワークショップや、東日本大震災の被災地・福島県飯館村の小学生との交流プロジェクトに参加し、東京2020大会への理解を深めてきた。  この日は、ゲスト司会としてリュージュでオリンピック3大会連続出場の小口貴久さんも参加。児童たちのこれまでの取り組みを振り返るとともに、パナソニックが東京2020向けて実施しているプロジェクト「ビューティフルジャパン」について学び、映像を見学した。  このプロジェクトは、女優の綾瀬はるかさんが6年をかけて47都道府県のアスリートを訪ね、夢を追い挑戦し続ける姿を追うというもの。綾瀬さんは実際に競技も体験し、アスリートたちと交流を重ねてきた。児童たちは、目標に向かって奮闘するアスリートの姿に感銘を受けたようで「『負けたくない』と、どこまでも頑張れるんだなと思った」「あきらめなければ夢はかなうと思った」といった感想が聞かれた。

児童からの質問に笑顔で答える綾瀬さん 児童からの質問に笑顔で答える綾瀬さん【スポーツナビ】

 ここで、サプライズゲストとして綾瀬さんが登場! 突然の登場に驚きと興奮が冷めやらぬ中、児童らは綾瀬さんから撮影時のエピソードなどを聞いた。初挑戦したボルダリングでは、「やりすぎて手がプルプルしてきて、帰りはペットボトルのふたも開けられないくらい(笑)」というほど、夢中で取り組んだという綾瀬さん。全国でさまざまなアスリートに出会い「皆さん、毎日の練習がちょっとずつ実を結んでいくということを楽しんで、目標に向かっている感じがして、それがとてもキラキラしていて美しいなと思いました」と振り返った。

アスリートの「夢と挑戦」を自分に置き換える

「夢と挑戦」をテーマに児童による発表が行われた 「夢と挑戦」をテーマに児童による発表が行われた【スポーツナビ】

 その後、「ビューティフルジャパン」にちなんで、代表児童5人が「夢と挑戦」をテーマにした発表を実施。弁護士や建築家、バスケットボールで強くなるといった“なりたい自分”の姿や、夢をかなえるために必要なこと、今できることなどを語った。具体案を織り交ぜた内容に、綾瀬さんも「いろいろな職業があることに驚いたのと、皆さんが明確にそこに向かって調べているというのもすごく勉強になりました」と感心しきりだった。  イベントの最後には、綾瀬さん、小口さんも参加してボッチャ体験会を実施。児童たちの通う有明西学園は、東京都教育委員会から「パラリンピック競技応援校(ボッチャ)」に指定されているだけあって、児童たちの“ボッチャ熱”も腕前も相当のもの。今回が初体験だという綾瀬さんには、「転がした方がぶれない」と、ボッチャの“先輩”としてアドバイス。仲間同士で声援を送り合うなど、白熱した試合が繰り広げられた。

綾瀬さんもボッチャに初挑戦! 綾瀬さんもボッチャに初挑戦!【スポーツナビ】

 すべてのプログラムを終えた綾瀬さんは、「短い間でしたけど、みんなすごくしっかりしていて夢もあって、一緒にゲームをやることですごく身近に感じられて、ちょっと仲良くなれた気がして、とってもうれしくて本当に楽しかったです。みんな夢に向かって楽しみながら、ちょっとずつ向かっていってほしいなと思います」と児童らにメッセージ。司会の小口さんも「自分の持っている夢ややりたいことに向けて、ほんの少しずつでも、どんなことでもいいから努力することを続けてほしいなと思います」と続けることの重要性を訴えた。  参加した児童からは「(綾瀬さんが)6年間頑張っていろいろなところに行ったり、ボッチャを一緒にやったりすごいなと思いました」との感想が上がった。彼らにとっては、47都道府県、6年にわたるプロジェクトを続けてきた綾瀬さんこそが「夢」や「挑戦」を続ける存在として映ったのかもしれない。そんな綾瀬さんの話を聞き、ボッチャを通じて交流できたことは、自身が夢を目指して挑戦を続ける上で貴重な経験となったに違いない。 (取材・文:小野寺彩乃/スポーツナビ)

関連リンク

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

おすすめ情報