中村知春が体現するサクラセブンズの理念
「激しくも規律正しく」がラグビーの真髄

サクラセブンズことラグビー女子セブンズ日本代表主将の中村知春が、7人制ラグビーの競技の魅力を語る
サクラセブンズことラグビー女子セブンズ日本代表主将の中村知春が、7人制ラグビーの競技の魅力を語る【写真:C-NAPS編集部】

「ラグビー」という競技のイメージを問われた際、多くの人は巨漢の選手たちがスクラムを組んでいるシーンを思い浮かべるだろう。現在日本で開催中のラグビーワールドカップでも、大男たちが激しくぶつかり合う迫力の展開が幾度となく繰り広げられている。実はそうしたイメージは「15人制ラグビー」であり、パワーよりもスピーディーな展開が魅力の「7人制ラグビー」の存在を知らない人もいるだろう。

 7人制ラグビーは「セブンズ」とも呼ばれており、2016年のリオデジャネイロ五輪から正式競技に採用されている。つまり、五輪で行われるラグビーは「セブンズ」なのだ。そして、ラグビー女子セブンズ日本代表「サクラセブンズ」には、リオ五輪当時から絶対的な支柱としてチームをけん引する存在がいる。それが主将の中村知春(電通東日本)だ。

 今回は“サクラセブンズの顔”とも呼べる中村に15人制と7人制の違いや、五輪におけるラグビー観戦のポイントについて聞いた。中村がラグビーをするうえで重視している精神や考え方とは。

セブンズは例えるなら「鬼ごっこ」のような競技

 15人制も7人制も基本的なルールは一緒です。ボールを前に落としてはならず、敵陣を突破してトライを決めたら5点。トライ後のゴールキックで2点、ペナルティゴールを決めたら3点が入ります。一方で15人制が40分ハーフなのに対して7分ハーフで行うのと、人数が半分以下の7人しかいない点が最大の違いです。一人一人のスペースが広く、個人技がより際立つのがセブンズですね。スピーディーで、ボールを目で追いやすいスポーツだと思います。

 初心者の方にラグビーを見てもらうとしたら、セブンズをおすすめします。ラグビーの導入編ではありませんが、15人制よりも確実に試合展開が分かりやすいはずです。イメージは「鬼ごっこ」。ボールを持っている選手を敵チームが追いかける展開が大半なので、ルールをきちんと覚えていなくても十分に観戦を楽しめると思います。

 鬼ごっこにレスリングや中距離走のキツさが混ざり合ったような競技なので、プレーするのはかなりしんどいですね(笑)。「コンタクトフィットネス」と呼ばれる「激しい当たりの中での持久力」が問われるので、試合中はタックルとスプリントを何回も繰り返さなければいけません。さらには相手の陣形の穴を突く攻撃を瞬時に判断するなど、頭もすごく使うスポーツです。だから練習や試合後は常にヘトヘトになりますね。

 そうした複合的なスポーツであるにもかかわらず、試合時間は7分ハーフの計14分しかないので、「流れ」をつかんだチームが確実に勝利に近づきます。観戦側としては、キックオフしてからどちらが先に流れをつかんだのか、あるいはどのタイミングで流れが変わったのかを把握できるとかなり面白いと思います。流れを持っていかれると、格下相手に負けることもありますし、反対に強豪相手にジャイアントキリングを起こすことも可能です。そうした番狂わせが15人制よりも起きやすいところもセブンズの魅力の一つですね。

中村はセブンズを説明する際に「鬼ごっこ」に例える。スペースが広く追う側・追われる側の展開が分かりやすい点はセブンズの魅力だ
中村はセブンズを説明する際に「鬼ごっこ」に例える。スペースが広く追う側・追われる側の展開が分かりやすい点はセブンズの魅力だ【Getty Images】

 15人制とセブンズは選手の特徴も少し異なります。15人制は大まかにパワー系の選手がフォワード(FW)、足が速くて突破力がある選手がバックス(BK)に分かれます。もちろん、セブンズにもFWとBKはあるのですが、スペースが広いので足が速い選手が圧倒的に有利になります。突破力がない選手はあまりいない印象ですね。少ない人数なので足が速く、加えてパワーでガンガン攻め込めるなど、よりマルチにこなせる選手が向いていると思います。

 また、7人の中にすごくスピードや体の強さ、展開力など抜きんでた能力や個性を持った選手がいると、その特徴を生かしたアタッキングを仕掛けられます。チームの戦術に幅を持たせられるわけです。観戦者にとっても、選手の個性が分かれば、その後の展開も読みやすくなると思います。特にどの国にもチームに一人はエース級の個性的な選手がいるので、プレーヤーの特徴をつかむことで一気に観戦が面白くなるはずです。

 ちなみに私は、持久力や運動量の多さを強みにしています。器用でもないですし、足が速いわけでもないので、誰かがブレイクしたところをすぐにカバーするなど、積極的に黒子の役割を担っています。目立たないかもしれませんが、「チームに一人いると助かる」と思ってもらえるようなプレーを常に意識しています。

C-NAPS編集部
C-NAPS編集部
ビジネスとユーザーを有意的な形で結びつける、“コンテキスト思考”のコンテンツマーケティングを提供するプロフェッショナル集団。“コンテンツ傾倒”によって情報が氾濫し、差別化不全が顕在化している昨今において、コンテンツの背景にあるストーリーやメッセージ、コンセプトを重視。前後関係や文脈を意味するコンテキストを意識したコンテンツの提供に本質的な価値を見いだしている。