連載:アスリートに聞いた“オリパラ観戦力”の高め方

エペ世界1位・見延和靖が語る決闘の裏側
フェンシングの魅力は壮絶な「心理戦」

男子エペで世界ランキング1位の見延和靖がフェンシング観戦のポイントを力説 男子エペで世界ランキング1位の見延和靖がフェンシング観戦のポイントを力説【写真:C-NAPS編集部】

 フェンシング男子エペにおいて、日本勢として初の世界ランキング1位(2019年7月時点)に到達した男がいる。いまや日本フェンシング界の押しも押されもしないエースであり、その実力から東京五輪メダル候補と期待されているのが、見延和靖(ネクサスホールディングス)だ。  16年リオデジャネイロ五輪で初出場を飾り、個人戦で6位入賞。その後はグランプリやワールドカップの個人戦で何度も優勝を果たすなど躍進を続け、さらには19年のワールドカップ(アルゼンチン)では日本を初の団体戦優勝に導いた。次なる目標はもちろん、20年東京五輪での個人・団体両方でのメダル獲得だ。そんな日本が誇るトップフェンサーに五輪でフェンシングを観戦する際のポイントを聞いた。

フェンシング観戦の見どころは独自の間合いや駆け引き

 まず知ってもらいたいのは、フェンシングには「エペ」「フルーレ」「サーブル」の3種目があるということです。僕がやっている「エペ」は全身すべてが有効面で、先に突いた方にポイントが入り、両者同時に突いた場合は双方のポイントとなります。フェンシングは“決闘”から派生したスポーツなのですが、「エペ」は最もその決闘の形に近いと言われていますね。 「フルーレ」は『優先権』を保有するターンだけポイントが入る種目で、胴体のみが有効面となります。先に腕を伸ばし剣先を相手に向けた方に『優先権』が生じ、もう一方が剣をはらう・叩くなどして剣先を逸らし、間合いを切って逃げ切ることで『優先権』が再度移ります。 「エペ」と「フルーレ」が「突き」に対し、「斬り(カット)」と「突き」と攻撃パターンが2種類ある種目が「サーブル」です。ルールは「フルーレ」と同様、『優先権』に基づいています。「サーブル」は騎馬民族が発祥なので、“大切な馬を傷つけない”という意味で上半身だけが有効面になっています。

見延(左)がプレーするフェンシングのエペは、心理戦が魅力の“決闘”だ 見延(左)がプレーするフェンシングのエペは、心理戦が魅力の“決闘”だ【Getty Images】

 初めて見る方にはぜひ「エペ」を見ていただきたいです。単純にポイントをあげた方にランプが点灯するので分かりやすい。先に突けば勝ち、やられたら負け、とフェンシングの3種目のなかで最もルールがシンプルで見ていて分かりやすいし、面白いと思います。  また、他の2種目に比べて圧倒的に駆け引きが多いところが、僕が感じる「エペ」の最大の魅力ですね。全身が有効面で突かれたら負けてしまうので、間合いの取り方に細心の注意を払う必要があるんです。  たとえば、攻撃が得意な選手に対し、自分は防御が得意だとしますよね。すると後ろに下がって守りを固めるのが普通かもしれませんが、あえて攻めながら守るのも相手を惑わす戦術の一つです。前に出て相手にプレッシャーをかけながら相手の攻撃を引き出させるような誘いをして、一瞬の隙を狙うなど間合いや駆け引きがすごく重要になります。そんな相手を惑わす壮絶な心理戦が、常に繰り広げられているんです。  また、選手によってプレースタイルがまったく異なるので、攻め一辺倒の選手もいれば、逆に徹底して攻撃しない選手もいます。そうした戦術の違いも心理戦の一つで、相手のスタイルによって戦い方を変えることも珍しくありません。また、性格やメンタルもプレースタイルに大きく影響するので、そういった細かな駆け引きを想像しながら観戦すると、よりフェンシングを楽しめると思います。

関連リンク

競技紹介

${list[returnRandomCount].credit}

${list[returnRandomCount].eventName}

${returnCompetition(list[returnRandomCount].eventId)}

${list[returnRandomCount].text}

競技一覧

おすすめ情報