東京五輪チケット申込開始へ、狙い目は?
購入チャンス広げる“敗者復活法”も

 2020年東京五輪の観戦チケットの抽選申し込みが5月9日10時にスタートする。チケットの種類や席種が幅広く、購入にはいくつかの手続きも必要だ。そこで、購入までの流れや注意点、申し込みの狙い目をまとめた。

 まず、チケット販売の全体像は次の図1のとおり。

図1:2020年東京五輪 チケット販売の流れ
図1:2020年東京五輪 チケット販売の流れ【画像:スポーツナビ】

 チケットは抽選販売(5月9日〜28日)、先着順販売(19年秋予定)、直前期販売(20年春以降)の3段階に分けて販売されるが、今回行われるのは最初の抽選申し込みだ。先着順ではないので、観戦の計画をしっかりと立てた上で申し込むのが賢明だろう。

 抽選申し込みに必要な手続きは以下のとおり。

抽選申し込み方法・注意点

(1)ID登録を済ませる
 抽選申し込みおよび先着順販売は、公式販売サイトのみで行われる。この時に必要なのが「TOKYO2020 ID」だ。以下の専用サイトから住所、氏名、メールアドレスなどを入力すれば完了する。登録受付はすでに開始されているので、忘れずに登録を済ませよう。

(2)販売サイトで抽選申し込みを行う
・申し込み受付期間:5月9日10時〜5月28日23時59分まで
 公式販売サイトにて競技セッション、チケットの種類・席種・枚数を選択し、申し込み手続きを行う。販売サイトはID登録サイトとは別なので注意したい。

■チケットの種類、申し込み枚数
 チケット種類は「一般チケット」「車いすユーザーチケット」「東京2020みんなで応援チケット」の3つ。東京2020みんなで応援チケットは、12歳以下の子どもか、60歳以上のシニア、障がい者を1名以上含む家族やグループ単位で申し込む。

 チケットは「セッション」と呼ばれる各競技の開催日・時間帯ごとに販売される。1人が申し込める枚数には上限があり、例えば一般チケットの場合は開閉会式が最大2枚、決勝などメダルが懸かるセッションは最大4枚、予選などは6枚まで申し込める。当選・購入枚数は1人最大30枚までとなる。

■席種、価格
 一般チケットは価格が高い順にA〜E席まで最大5種類。開会式A席がもっとも高く1枚30万円に設定された一方、サッカー女子予選やマラソンなどでは1枚2500円と手ごろなチケットもある。車いすユーザーチケットは同伴者も同じ価格で観戦可能。東京2020みんなで応援チケットは2枚以上での申し込みが必要で、1枚あたり2020円で販売される。各セッションの席種や価格などの詳細は販売サイトで確認してほしい。

■当選機会を増やす2つのオプション
 当選機会を増やすためのオプションとして、「カスケードサービス」と「第2希望選択サービス」の2つが用意されている。ともに、抽選申し込み時に希望を出しておく必要がある。

 カスケードサービスは、希望の席種で落選した場合に、1つ下の席種のチケットが販売定数に達していなければ、1つ下の席種も抽選対象とするサービス。例えば、A席を申し込んで落選した場合は、B席が抽選対象となる。

 第2希望選択サービスは、第1希望とは別のセッションを第2希望として選択できるサービスで、第1希望で落選しても第2希望で当選する可能性がある。つまり、いずれのサービスも申し込めば、第1希望が落選しても、第1希望の1つ下の席種、第2希望、第2希望の1つ下の席種と3回“敗者復活”のチャンスがある。

■申し込み内容の変更について
 申し込み受付が終了する5月28日23時59分までであれば、申し込み内容の追加・変更・キャンセルは可能だ。ただし、追加や変更の場合は、申し込み内容をいったん全てキャンセルし、再度申し込む必要がある。

(3)抽選結果発表、購入手続き
・抽選結果発表:6月20日
・購入手続き期間:抽選結果通知時〜7月2日23時59分まで

 抽選結果は6月20日に販売サイト内で発表される(登録したメールアドレスにも通知される)。当選した場合は、7月2日23時59分までに購入手続きを済ませなければならない。購入手続きでは、来場予定者の氏名・連絡先の登録、発券方法の選択、支払い方法の選択(VISAカード決済、またはコンビニエンスストアでの現金決済)を行う。複数のセッションに当選した場合も、支払いは当選分を全て一括で支払う必要があるため注意が必要だ。

 なお、来場予定者の変更は競技開催当日まで可能。入場時や会場内で来場者の本人確認を求められる場合があるので、来場者が変わる場合は登録情報の修正もお忘れなく。

<次ページは、申し込みの“狙い目”、抽選後の販売予定について>

スポーツナビ