東京オリンピック・パラリンピック延期後の日程を更新しました。聖火リレーの日程は公式情報が発表され次第更新します。

武井壮がうなった、ハイレベルな頭脳戦
車いすフェンシングの深い魅力を知る

車いすフェンシングの、白いユニホームに身を包む武井さんとパラアスリートたち(左から笹島貴明、加納慎太郎、武井さん、安直樹) 車いすフェンシングの、白いユニホームに身を包む武井さんとパラアスリートたち(左から笹島貴明、加納慎太郎、武井さん、安直樹)【スポーツナビ】

 一瞬の油断も許さない、独特の緊張感。至近距離で行われる目まぐるしい攻防戦が、車いすフェンシング最大の魅力だ。下肢に障がいのある人を対象とするこの競技は、「ピスト」と呼ばれる装置に固定された車いすに座り、上半身だけで剣を操る。  パラリンピックで行われるのは、胴体だけを突く「フルーレ」、上半身を突く「エペ」、上半身への突きに斬る動作が加わる「サーブル」の3つ。近い位置で絶えず突き合うことになるため、正確な剣さばきはもちろん、その重圧に負けない精神力が重要となる。  スポーツナビは、十種競技の元日本王者でタレントの武井壮さんが、2017年9月以来約1年半ぶりに車いすフェンシングに挑戦した、NHKの取材現場に同行。競技を経験した武井さんに、改めて見えてきた競技の奥深さや魅力を聞いた。

戦術がはまった時の面白さ

近距離での絶え間ない攻防が、車いすフェンシング最大の魅力だ 近距離での絶え間ない攻防が、車いすフェンシング最大の魅力だ【スポーツナビ】

 前回チャレンジさせてもらった時は、基本的なルールを教わりました。でも戦術というか、フェンシング選手としての戦い方はあまり教われていなくて。2回目の挑戦がしたいと思ったのは、「フェンシングのルールを理解した上で、正しい技術を使ってパラアスリートから1ポイント取る」という目標があったからです。    加納(慎太郎)選手に戦術を教わったことで、安(直樹)選手、笹島(貴明)選手と楽しく戦うことができました。教えていただいたことをきちんと遂行した結果、2人から1ポイントずつ奪うことができたので、すごくうれしかったですね! 加納選手から「安選手は後ろに引いて守る」と聞いていて、「余裕を持って見てくると思うので、剣を払われた後に引かずにそのままもう一度カウンターで突き返す」と作戦を立てていました。それを4対1になった時にやってみたら実際にはまりましたし、笹島選手にもパレ(剣で相手の攻撃を払って防ぐ)してからの突きでポイントを奪うことができたので、確実に前回より進歩できたと思います!

「ミルフィーユ状」に重なっていく選択肢

相手の背中につけられた風船を割るトレーニングなど、高度な技術も学んだ 相手の背中につけられた風船を割るトレーニングなど、高度な技術も学んだ【スポーツナビ】

 2度目の経験をさせてもらって、頭脳戦というか、戦術的な要素がすごく高い競技だと改めて感じました。まず「アレ!」という掛け声でゲームが始まって、相手が何をしてくるのか分からないところからスタートします。相手が動いてくるのを待つか、自分から先手を取るのか。攻撃を払われたら、相手が突いてくる前にもう一度突くのか、それともガードに徹するのか、いろいろな選択肢がミルフィーユ状に折り重なって、どんどん複雑な展開になっていくんですね。それは、どんどん経験していって「この展開ならこういうことが起きやすい」という情報を自分の中に溜め込んでいく必要があります。相手の攻撃を防ぐことができて、その後にチャンスが生まれるので、勝てるようになるには、相手の剣をかわす防御力が非常に重要な要素だと感じました。  戦術と正しい技術が必要な難しい競技ではあるんですが、前回も感じたように、剣を持つ手を伸ばせば相手の体がそこにある位置で戦うので、素人でも相手が防ぎきれないタイミングで攻撃すれば確実にポイントを取れるのが魅力です。毎プレー非常に楽しいですし、相手の防御と戦術をかいくぐって思い通りにポイントを奪う快感を2度味わえたので、前回の数倍うれしいですね!  また、上半身しか動いていないように見えて、実は下半身、お尻、胴回りなどもアクティブに動いているので、座っているのに発汗量がすごいし体力の消耗量も大きい。ウエスト周りとかも締まってきそうだし、一般の方がダイエット目的にやるのもすごくいいんじゃないかと思います。試合中はプレーに夢中になるから「運動がつらい」と思うより「ポイントが欲しい!」ということに集中できるので、かなり良い運動になると思います。

関連リンク

競技紹介

${list[returnRandomCount].credit}

${list[returnRandomCount].eventName}

${returnCompetition(list[returnRandomCount].eventId)}

${list[returnRandomCount].text}

競技一覧

おすすめ情報