警視庁職員が挑むパラアーチェリー
残された力を駆使し、口で射抜く

口で弓を引き、正確に的を仕留める大山晃司。目指すは2020年の東京パラリンピックだ
口で弓を引き、正確に的を仕留める大山晃司。目指すは2020年の東京パラリンピックだ【画像:スポーツナビ】

 パラアーチェリーは“自由”なスポーツだ。1960年のローマ大会からパラリンピックに採用されたこの競技は、的を狙って矢を放ち、当たった場所によって得られる点数で勝敗を競う。四肢に障がいを持ち、車いすを使用するW1など、障がいの程度によって3つにクラスが分かれる。片腕がうまく動かない選手は口で矢をくわえ、両腕がない選手は両足をうまく使って矢を放つ。残された能力を生かし、的という同じ目標に向かって競い合うところが、この競技の大きな魅力の一つだと言えるだろう。彼らにとって障がいは一つの「個性」であり、それぞれが“自由”にフォームを編み出し、力を最大限発揮するために自らを高めていくのだ。
 
 警視庁に勤めながら、W1クラスの国内ランキングで1位に立つ大山晃司も、頸椎損傷という大きな逆境からはい上がった。大山は陸上・十種競技の元全日本王者でタレントの武井壮さんがパラスポーツに挑戦する番組に出演。スポーツナビはこの取材に同行し、パラアーチェリーにかける情熱や東京への意気込みを聞いた。

「諦めきれなかった」警察官の夢

 大山は大学3年の時、体操部での練習中に誤って首からマットに転落。頸椎を痛め、首から下が全く動かせない状態になった。中学生の頃から憧れを抱いていた「警察官になる」という夢も、遠く離れてしまったかのように思えた。
 
 だが大山は「一度は諦めかけたけど、やっぱり夢を諦めきれなかった」と希望を捨てなかった。必死のリハビリの末、少しずつ自分で体を動かせる範囲が広がっていった。そして、事故から約2年半後の2015年に、警視庁行政職員採用試験に合格。2016年から採用され、思い描いていた形と少し異なるが、不屈の思いで夢を実現してみせたのだ。

 パラアーチェリーと出会ったのは社会人になってからだった。自分にできるスポーツを探していろいろと見て回っている時に、車いすから矢を放つのをスポーツセンターで見た。「これなら自分にもできる」と競技を開始。右腕が思い通りに動かせない大山は、インターネットで調べたさまざまな動画を参考にして、口で弦を引く射ち方を始めたという。

左手一本で弓を握り、照準を定める。口で弓を引く力は約20キロかかるという
左手一本で弓を握り、照準を定める。口で弓を引く力は約20キロかかるという【画像:スポーツナビ】

 大山は矢の威力を高めるため、強い引力を必要とする45ポンドの弓を使っている。約20キロの力を使って引かなければいけない分、口で支える圧力も高い。「最初の頃は変な形で引っかかって、口の中が血だらけになったこともありました。食事の時などは傷にしみて痛かったです」と苦笑する。
 
 警視庁での業務が終わった後や休日など、空いた時間を見つけては一般のアーチェリー場に通い、ひたすら本数を打って練習を重ねた。その成果もあり、初めてから約1年後には全国身体障害者アーチェリー選手権大会で優勝するなど、国内トップクラスの選手に台頭してきた。

東京パラに出場することが一番の恩返し

必死のリハビリの末、頚椎損傷という大きな逆境を乗り越えてきた大山。空いた時間を見つけてはアーチェリー場に向かい、練習を重ねる
必死のリハビリの末、頚椎損傷という大きな逆境を乗り越えてきた大山。空いた時間を見つけてはアーチェリー場に向かい、練習を重ねる【画像:スポーツナビ】

 次なる目標は国際舞台での活躍だ。これまで2回海外開催の大会に出場したが、目立った結果は残せなかった。「環境によっては風が強い場所もあるけど、海外の選手はそれに慣れているし、体つきも違う。自分も体を変えていかないといけないし、もっと向こうでの試合に出ることによって経験をつけていかないといけない」と実感。10月にインドネシア・ジャカルタで行われるアジアパラ大会に向け、弓を支える左腕の筋力トレーニングに取り組むなど、肉体改造を進めている。

 2020年にパラリンピックが開催される東京は、月島警察署で働く大山にとってまさに“地元開催”となるだけに、出場への思いは強い。

「自分が現役でいる間は、東京で行われる最後のパラリンピックになると思う。警視庁所属でパラリンピックに出場した選手もまだいない。自分が一人目として出て、勝つことが一番の恩返しになると思っています」

 東京での晴れ舞台に向けて、歩みを進める26歳。一つずつ壁を乗り越えるたびに、描いた的は確実に近づいていく。

(取材・文:守田力/スポーツナビ)

◆◆◆ NHK番組情報 ◆◆◆

■9月28日(金)11:05〜11:54
「百獣の王」武井壮さんがパラスポーツを体験、トップアスリートとの真剣勝負に挑みます。今回の放送では「アーチェリー」に挑戦します。戦いの結果は…。どうぞお楽しみに!

スポーツナビ