東京オリンピック・パラリンピック、聖火リレー延期後の日程を更新しました(9/30)。聖火リレーの市区町村ごとの日程やルートについては、正式発表後に更新します。

武井壮「仲間との連携が密接で、重要」
シッティングバレーは思いをつなぐ競技

シッティングバレーに挑戦した武井壮さん シッティングバレーに挑戦した武井壮さん【写真:荒木美晴】

 座って行うシッティングバレーボール。コートは一般のバレーボールコートより狭く(縦5メートル×横6メートル)、ネットの高さも低く設定されている(男子1.15メートル、女子1.05メートル)。その分、ボールの滞空時間が短く、数センチの攻防が勝負を分けるスピーディーな試合展開が人気だ。  今回、陸上・十種競技の元日本チャンピオンでタレントの武井壮さんがシッティングバレーボールに挑戦するNHKの取材現場に同行。女子日本代表と試合を行った武井さんに、競技の魅力や奥深さを聞いた。

ボールの動きは生き物のよう

武井さんも普段しない、床にお尻を付けた状態で移動することに苦労していた 武井さんも普段しない、床にお尻を付けた状態で移動することに苦労していた【写真:荒木美晴】

 選手の皆さんと3セット、練習試合をやらせてもらいました。お尻を床に付けた状態で、レシーブやスパイク、ブロックをするんですが、まずその位置まで移動することが難しかったですね。普段、脚が自動的にやってくれることを、腕と体幹を使ってやらなきゃいけないんです。  一般のバレーボールコートより小さいんですが、座ると動きが制限されて届く範囲が狭まるので、かなり広さを感じました。だからこそ、相手のプレーを予測して動くといった「読みの深さ」が大事になるんです。ボールが生き物のようにワンプレーごとに違う動きをするので、チームメートとの連携は、今までやったどのスポーツよりも密接で、重要な競技だと感じました。  女子代表の真野(嘉久)監督が「合宿では8時間集中して練習している」っておっしゃっていましたが、その理由が分かりました。試合では、仲間にボールをつなぎたい、仲間がしてくれたプレーに報いたいという思いの連続で、個人種目のスポーツをやってきた僕はこういう絆を感じることが少なかったので無限の楽しさを感じて、プレーしている間はほとんど疲労感を感じませんでした。

代表選手のプレーは最上級の教科書

日本代表選手のプレーを見ることで、みるみる上達していった 日本代表選手のプレーを見ることで、みるみる上達していった【写真:荒木美晴】

 最初は自分のアタックがネットを越えない。「なんでだろう?」と思って代表選手のプレーを観察したら、体の片側に体重を乗せていたんです。僕の場合はサウスポーだから、左のお尻に乗って腕を伸ばしても、高さが出ない。それで、右のお尻に乗せてみると、簡単に高さが出せるのを感じました。代表選手のプレーは最上級の教科書なので、シンプルにコピーすれば最高の練習になるんです。  でもプレー中、体を後ろから前に倒したりの動作は両脚があるとどうしても邪魔になってしまいます。シッティングバレーでは、片脚を曲げている状態でそれをすると、どうしてもお尻が浮いてしまうのでファウルになりがちです。なので「脚がない」ということも、この競技には有利に働く武器にもなるんです。  パラスポーツで最も重要なのは、脚が不自由な人も腕が動かない人も、その不自由さをカバーする技術を身に付けて、自分の競技に最適な動きを探すという作業だと思います。僕はいろんなパラスポーツに挑戦していますが、それはどの競技でも同じだなって感じるんです。失った機能をそれ以上に取り戻して、パラスポーツの舞台に立って我々健常者をしのぐプレーで戦っているのがパラリピアン。それがよく分かります。

健常者も未経験者も一緒に楽しめる

日本代表にエールを送る武井さん。シッティングバレーを十分楽しんだ様子だった 日本代表にエールを送る武井さん。シッティングバレーを十分楽しんだ様子だった【写真:荒木美晴】

 シッティングバレーは、日本選手権などはチームに一人でも障がいを持った人がいれば出場できるそうです。バレーボール経験者の方は、お尻をつけて移動する、その動きさえ身に付けてしまえば、もともと持っている技術が非常に役立つ競技だと思いますし、未経験の人も、コートが狭い分、ミスをしても仲間にカバーしてもらいやすかったりする利点もあるので、ぜひ皆さん経験してみてほしいです。  毎回言っていますが、パラスポーツを経験することによって、僕自身も自分が楽しめる場所が増えたな、と感じています。そこには健常者のスポーツに僕が戻った時に役立つ感覚や技術が多くあります。今回もシッティングバレーを体験してみて、自分の競技への財産が増えたと思うし、人生が豊かになっていくことを実感できます。  でも、パラスポーツ、やっぱ勝てねーんだよな! ■武井壮プロフィール 陸上・十種競技の元日本チャンピオン。スポーツ番組やバラエティなど、テレビやラジオを中心に活躍しつつ、2015年フランスで行われた世界マスターズ陸上の4×100mリレー(M40クラス)で金メダルを獲得。今でもさまざまなスポーツにチャレンジし続けている。現在はプロテストを目指してビリヤードにも挑戦中。

◆◆◆ NHK番組情報(PR) ◆◆◆ ■「武井壮のパラスポーツ真剣勝負!」 6月3日(日) 19:00〜19:46 BS1 「百獣の王」武井壮さんがパラスポーツに挑戦、トップアスリートと真剣勝負! 次回放送は「パラバドミントン」。車いすクラスの男女日本チャンピオンの長島理選手&山崎悠麻選手相手に、百獣の王はどう立ち向かうのか!?

関連リンク

競技紹介

${list[returnRandomCount].credit}

${list[returnRandomCount].eventName}

${returnCompetition(list[returnRandomCount].eventId)}

${list[returnRandomCount].text}

競技一覧

おすすめ情報