東京オリンピック・パラリンピック、聖火リレー延期後の日程を更新しました(9/30)。聖火リレーの市区町村ごとの日程やルートについては、正式発表後に更新します。

初めて本義足をつけてから18年の時を経て
タイムスリップ写真館:鈴木徹

 日本人初、義足のプロアスリートで、5大会連続パラリンピックに出場した鈴木徹選手。鈴木選手は1999年、事故により右足を切断。リハビリ退院直後、本義足を合わせに行った(公財)鉄道弘済会 義肢装具サポートセンターでの1枚を、現在の鈴木選手で再現しました。撮影場所は、鈴木選手が現在も通っている同じ施設。移転をしたものの、当時のリハビリ器具が残っていました。

1999年→2017年 1999年→2017年【1000 DAYS TO GO! COLLECTION 編集部】

1999年/19歳

【1000 DAYS TO GO! COLLECTION 編集部】

――当時頑張っていたことは?  ジョギング。やっと歩けるようになった頃だったのですが、ハンドボール推薦で入った大学に戻るために体づくりから始めていました。 ――当時の悩みは?  走りたい気持ちに体がついてこなかったこと。義足をつける部分は皮膚が弱くて、血が出てしまうこともしばしば。気持ちはあれど、思いっきり走る練習ができなかったんです。 ――当時誰にも負けないと思っていたことは?  スポーツに対する熱意。リハビリ中の患者は気が滅入っている人がほとんどだと思います。でも僕は早く復帰したくて、やりたいことがたくさん。いつもは患者に対して活動の提案をする義肢装具士の臼井(二美男)さんにも、僕は練習を止められるくらいでした(笑)。走る練習ができないときは、水泳をするなど上半身のトレーニングをしていました。 ――当時一番悔しいと思っていたことは?  トレーニングの一環で行っていたバスケで、リバウンドに行けなかったこと。義足が動かなかった。足があればいけたのに……。その時に、義足になった自分の現実を実感しました。 ――当時一番大切にしていたことは?  弱った心を家族や友だちに見せないこと。足が痛くても「痛くないよ」と言って、これ以上心配はかけたくないと思っていました。 ――当時の夢は?  義足をつけて、ハンドボール選手として復帰する。 18年の時を経て……

2017年/37歳

【1000 DAYS TO GO! COLLECTION 編集部】

――今頑張っていることは?  陸上とお父さん。小学校5年生と2年生の息子がいて、2人ともスポーツをしています。父親としては仕事を見せることが大事だと考えていて、大会に連れて行くなど、スポーツの楽しさ、面白さ、格好良さを見せるようにしています。 ――今の悩みは?  ないですね。あえて言うなら、いつまで競技を続けられるかということくらい。 ――今誰にも負けないと思っていることは?  ジャンプを突き詰めることへの思い。バスケットボール、ハンドボール、高跳びというジャンプが重要な競技をしてきた中で、どうしたら質の良いジャンプができるのか、技術や走力、筋力などさまざまなアプローチからジャンプのことを飽きずに考えています。 ――今一番悔しいと思っていることは?  去年のリオパラリンピックでメダルが取れなかったこと。今年の世界陸上では201cmで銅メダルだっだけれど、同じ記録が出せていたらリオでは3位……。リオでは195cmと中途半端な結果に終わってしまいました。 ――今一番大切にしていることは?  家族との時間を長くすること。遠征や合宿が多いのですが、土日はなるべく子ども達と一緒に行くようにしています。 ――今の夢は?  2020年東京大会で金メダル。

鈴木徹(すずき・とおる)

1980年5月4日生まれ、山梨県出身。駿台甲府高校時代、ハンドボールで国体3位という成績を残したが、卒業前に交通事故により右足を切断。リハビリがきっかけで、走り高跳びを始める。日本人初の義足のプロアスリートとなり、2000年シドニーパラリンピックに出場して以降5大会連続入賞。

関連リンク

競技紹介

${list[returnRandomCount].credit}

${list[returnRandomCount].eventName}

${returnCompetition(list[returnRandomCount].eventId)}

${list[returnRandomCount].text}

競技一覧

おすすめ情報